タイ移住に関する情報とサポート|ビザ・保険の申請代行

タイ:2024年までにマラリアを完全撲滅する準備

マラリア撲滅作戦

タイではマラリアの感染者数が減少しておりWHO(世界保健機関)によると、2019年にはタイで約2,800件のマラリア感染が報告され、そのうち死亡者数は13人にとどまった。2012年から2019年までの7年間では、感染件数は54,000件以上から2,800件以下に減少している。WHOによるとタイは、2025 年までにマラリアを根絶する可能性があると最近 特定された 8 つの新しい国の 1 つでもある。

タイ政府は、この成功により、2024年までにマラリアを完全に撲滅することを目指している。この目標は野心的だが、タイ政府はさまざまな措置を講じている。まず、国内のマラリア感染地域を特定し、感染症の流行を監視するシステムを強化し、さらに、感染予防策として、蚊の駆除や、蚊を遠ざけるためのベッドネットの配布なども行う。また、感染が疑われる患者には速やかに適切な治療を提供するために、診断と治療のための基盤整備も進めている。

タイ政府はまた、国際的な協力も求めている。WHOと協力し、マラリア予防プログラムの設計や、技術的なサポートを受けることで、タイ政府はマラリア撲滅に向けた取り組みを加速させることができるとしている。

WHOはタイ政府のマラリア撲滅計画を支持しており、WHO南東アジア地域事務局の局長であるDr. Poonam Khetrapal Singh氏は、「タイは、マラリア対策の分野で成功を収めています。この成功は、国民と政府が強い意志と決意を持って対策に取り組んできた結果です。今後も、タイ政府の努力を支援するために、WHOは強い支援を提供し続けます」とコメント。

タイ政府は、マラリアを完全に撲滅することで、国民の健康と福祉を保護するだけでなく、観光業などの経済的な発展にも寄与することを期待している。

この記事は役に立ちましたか?
はいいいえ
その他の関連記事

No posts found!

タイの医療について【事前知識】
タイの病院|医療ガイド
タイの医療|健康 関連記事
タイの医療|健康 関連ニュース
その他の記事カテゴリー