fbpx

タイ移住に関する情報とサポート|リタイアメントビザ・銀行口座・タイ不動産・医療保険

Search

長期滞在中のビザ関連手続きと代行

タイへの長期滞在を計画している方にとって、移住後に必要となる手続きを理解することは非常に重要です。例えば滞在中の住居報告やビザの延長など、長期滞在者にとって重要な手続きがいくつかあり、これらの手続きを知ることで、円滑な滞在を実現できます。この記事では、移住者や長期滞在者が必要となるタイでの主要な手続きを詳しくご紹介いたします。

目次 

広告

タイで長期滞在中に必要となる主要手続き

タイでの移住生活がスタートした後もいくつか知っておくべき手続きが存在します。ここでは、タイの長期滞在者が頻繁に行う代表的な手続きについて3つご紹介いたします。

タイでは特に住居関連の手続きが多く、これはタイ政府が長期潜伏する犯罪者などを取り締まる目的で何かあった場合にすぐ外国人の居場所を特定しやすくなるように定められています。

代表手続き⑴ 90日レポート【TM46】

90日レポートは、タイに長期滞在する外国人が90日ごとに自分が現在タイでどこに滞在してるか(住所)をタイ入国管理局(イミグレーション)に報告する手続きのことです。滞在者がタイ国外に出た場合は、前回のカウントは無効になり、再入国してから改めて90日ごとに報告を行います。

代表手続き⑵ 外国人の居住報告書【TM30】

TM30は、タイにおける移民法の一部で、外国人がタイに到着したときに滞在先を報告する手続きを規定しています。宿泊施設の所有者、または賃貸人が外国人滞在者の到着を24時間以内に入国管理局に報告する必要があります。適切な手続きを怠ると罰金が課せられます。

代表手続き⑶ 居住証明書(Certificate of Residence)

タイの居住証明書(Certificate of Residence)は、タイの入国管理局から発行される公式な書類で、外国人がタイ国内での正式な居住地を証明するために使用されます。この証明書は免許証を取得したり、銀行口座の開設時を含めビザ関連手続きやその他、様々なサービスの申し込みや口座開設に必要となります。

各種手続き一覧と費用

ISJではリタイアメントビザを取得されたお客様や不動産購入など長期滞在に関わるサポートを行ったお客様を中心に各種手続きを代行していますが(他のサービスとの組み合わせの場合、ディスカウントしております)これらの各種手続きを単発でご利用頂く事も可能です。

Table Example
手続き 内容 料金
滞在期間の延長 ノービザや観光ビザの期限を伸ばすための手続き 5,500バーツ
90日レポート 90日レポートの代理申請 3,500バーツ
TM30 物件オーナーがしてくれない時などの代理手続き 3,500バーツ
TM30の罰金処理 TM30未申告時の罰金処理と通常申告 4,500バーツ
居住証明書 様々な用途で必要になる手続き 4,500バーツ
再入国許可証 国外に出た際にビザが失効しないように申請する許可証 3,000 / 5,000
ビザ転記の手続き 新しいパスポートに更新された時に行うビザの転記 3,000バーツ

各種手続きのお申込みフォーム


こちらより、書類等を送信頂き事前に代行可能の是非を確認致します。ご質問がある場合も、こちらから詳細をお知らせ頂いた上で追記欄にご質問下さい。※代行日はスケジュールを確認してご返信致します

この記事は役に立ちましたか?
はいいいえ
関連記事

Compare Listings

Title Price Status Type Area Purpose Bedrooms Bathrooms