タイ移住に関する情報とサポート|ビザ・保険の申請代行
Search

2023年1月〜9月におけるタイ国内外国人による不動産取引の動向

2023年1月から9月までの期間において、タイ国内で外国人による不動産取引が行われた状況は以下の通りである。タイの不動産情報センター(REIC)の報告によると、この期間内における外国人による不動産取引は、コンドミニアムなどの取引全体の13.6%に相当する1万7300戸に及んだ。取引された不動産の総額は522億5900万バーツに達し、前年同期に比べて戸数で37.6%、金額で31.6%の増加を記録した。特に、チョンブリ県では41.7%の割合で取引が行われ、最も活発であったことが明らかになり、次いでバンコク都が37.5%で2位となった。

これらのデータから、外国人投資家によるタイ国内での不動産取引が増加していることが示されている。特にチョンブリ県やバンコク都では取引が顕著に行われており、中国人投資家が最も多くの取引を行っている国籍であることが報告されている。

この記事は役に立ちましたか?
はいいいえ
その他の関連記事
住居・不動産 関連サービス
住居・不動産 関連記事
住居・不動産 関連ニュース
その他の記事カテゴリー

Compare Listings

Title Price Status Type Area Purpose Bedrooms Bathrooms