タイ移住情報と入国サポート|ビザ・保険の申請代行

プライバシーポリシー

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest

WISE(ワイズ)送金方法|詳細手順

WISE 海外送金(ワイズ) 送金方法 詳細ガイド

このページでは、海外送金でWISEを使って日本から海外(例としてタイ)へ送金する際の、実際の送金の手順を記載いたします。他の国への送金でも手順は同様になります。

目次

WISE(ワイズ)で海外送金する際の口座名義について

①自分名義の口座 ➡ 海外の自分名義口座

例)日本の三井住友銀行の自分名義の口座からタイのカシコーン銀行の自分名義の口座へ送金

②自分名義の口座 ➡ 海外の他人名義口座

例)日本のみずほ銀行の自分名義の口座からタイバンコク銀行のタイ人名義の口座へ送金

自身の口座から海外の自身の口座への送金ももちろん、海外に銀行口座を持っている相手なら誰にでも海外送金は可能ですが、送金元となる名義はWISE登録者ื自身の名義の口座からのみとなります

WISE(ワイズ)の実際の送金方法【詳細ステップ】

実際の送金方法は、「ワイズ口座内に保持してる資金を海外送金する方法」と、「日本の銀行から国内振込を行いワイズを経由して海外へ送金する方法」と2つあります。※ここでは例として日本の銀行から国内振込を利用してタイに送金する方法を記載します

はじめの画面

まずホーム画面の左上の「送金する」をクリックします。

金額の設定

送金する金額の設定方法は2通りあります

送金通貨(日本円)から金額設定する場合

受取通貨(バーツ)から金額設定する場合

WISE 海外送金(ワイズ) 送金方法 金額の設定
金額は日本円でちょうどの額を送金したい場合は、送金額の覧に先に記入します。受取額を希望額ちょうどにしたい場合は、受取額を先に指定します

送金元の選択

WISE内の口座に資金をお持ちの場合は、「WISEの通貨口座」を選択。WISE口座内に資金がない場合は、「銀行から入金」を選択 ※この例では銀行から入金を選択します

受取人の指定

誰に送金するかを選択します

送金目的の選択

送金目的を選択。自身の名義であれば「毎月の生活費」を選択する事がほとんどになると思います(複数目的があっても、複数選択はできませんので、目的を広くカバーする意味でも毎月の生活費が最適です)

※必要書類のアップロード

初回の送金の場合、ここで本人確認書類と住所確認書類のアップロードを求められます。

この画面は初回送金時、まだ必要書類がアップロードされていない方にだけ表示されます。ここで1度書類をアップロードすれば、次回からはこの画面は現れません

送金内容の確認

ここで送金内容、送金先等を確認して続行をクリック

入金方法の選択

銀行を利用した入金も2通りあり、デビットカードから送金額を入金する事も可能です。ただし手数料が高くなり、あまり実用的ではないかもしれませんので「ご利用の銀行から手動で入金」を選択

入金口座名義の確認

自分名義の口座からしか振り込めませんので、そのまま続行をクリック

銀行振込の方法を選択

日本の銀行から日本円を送金する際にどのような方法を取るかの選択です。大抵の場合、オンラインバンキングを利用されていると思いますので、「オンラインバンキング」を選択

振込先口座情報を確認して、いざ振込

この画面まで来たら、お持ちの口座のオンラインバンキングを利用してワイズへ日本円を送金します。この作業は国内の振込作業になりますので手動で行います。ご利用の銀行のサイトへログインし、振込作業を完了させ、「振込を行いました」をクリック。
送金手続き完了!

※ホーム画面で送金状況を確認頂けます

これで送金手続きは全て完了しました。後はタイの口座に着金するのを待つだけ、この例では日曜の夜11時26分に振込を行い、翌日営業時間の8:35分に着金予定になっていますので、約10時間での着金になります。

この記事は役に立ちましたか?
はいいいえ
関連記事
FreeCurrencyRates.com
WISE(ワイズ)海外送金 概要
WISE(ワイズ) 海外送金 詳細
WISE(ワイズ) 海外送金 関連記事
タイ海外送金 関連記事
マネー|経済 関連ニュース