fbpx

タイ移住に関する情報とサポート|リタイアメントビザ・銀行口座・タイ不動産・医療保険

Search

タイのリタイアメントビザ 代行【2024】|ISJ

目次 

ISJのタイ リタイアメントビザ(O) 代行の対象者

ISJのリタイアメントビザ代行は下記のような方が対象です

リタイアメントビザ取得後の移住地の統計

ISJでリタイアメントビザ取得後に滞在されるエリアの比較

パタヤ・シラチャ移住 (48%)

ビザ申請の場所柄このエリアに移住されるお客様は最も多く全体の48%を占めています

バンコク移住 (37%)

バンコク移住される方も非常に多く、ビザ取得の利便性からこちらで申請後にバンコクでお住まい探しという流れが多いです。

チェンマイ移住 (9%)

場所的には遠くなりますが、同様にビザ取得後にチェンマイに向かわれるお客様も一定数いらっしゃいます。

その他のエリア (6%)

その他はプーケットやイサーン方面など、タイの各地へ移住される方もビザ取得にお越し頂いています

年に数回のみタイへお越しの方で、リタイアビザを取得される方も一定数いらっしゃいます。リタイアメントビザ所持中はリエントリーパミットがあれば、タイへ何度でも入出国可。又タイでの滞在日数は問われません(必要滞在日数等はございません)

タイのリタイアメントビザとは?

タイのリタイヤメントビザは50歳以上の退職した外国人を対象とした長期滞在型のビザ別名「年金ビザ」とも呼ばれたりしますが、このビザには大きく分けて「タイ国内で切り替えるタイプ」と「日本を含むタイ国外で取得するタイプ」と2種類あります。タイ国内で切り替え申請する場合、リタイヤメントビザは1種類のみで正式にはリタイアメントビザ(O) ※ノンイミグラント(O)というカテゴリーに属します。

逆に日本などタイ国外で申請するビザにはOA(又はOX)などがあります 

タイ国内で切り替えるリタイヤメントビザ(O)は初回申請で3カ月、+1年間(12ヶ月間)タイでの滞在が許可され、毎年更新することが可能です。又このリタイヤメントビザを更新できる回数には制限はありません。

リタイアメントビザについての詳細ページはこちら

タイのリタイアメントビザと長期滞在型のビザ比較

ビザ取得の条件や手続きの容易さ、費用(コスパ)の総合的な評価
リタイアメントビザ(O)
※現地での切り替え
0%

取得の容易さでは一番。書類の煩雑さもなく他のビザに比べ圧倒的に手続きが楽

タイランドエリート
0%

超長期のビザ取得が可。メリットもあるが初期費用が高すぎる(2023年値上げ)

ロングステイビザ
(O-A又はO-X)
0%

日本での申請。費用は低めだが、手続きが煩雑さで取得ハードルが高い

STV(特別観光ビザ)
0%

同じく日本で取得可。2回延長できて最大270日滞在可。但しそれ以降は更新不可

ISJでリタイアメントビザを代行する『3つのメリット』

リタイアメントビザ リジェクトなし

14年間1度もリジェクトなし

過去14年間の代行実績で、申請時にリジェクト(申請拒否)をされたことは一度もございません。通常、書類等に不備があった場合は申請時に拒否されますので、一度受理されればほぼ間違いなくビザが発行されます

リタイアメントビザ 待ち時間

炎天下での待ち時間なし

コロナ渦も終わり、イミグレに来る方の数も通常時に戻っています。混んでいる日は外に1時間、2時間待たされる事もざらにありますが、弊社での申請の場合、到着次第、そのまま中の涼しい窓口に直行します。待ち時間は一切ありません

スムーズなリタイアメントビザ取得プロセス

スムーズな手続きと利便性

長年信頼関係のある担当者との連携にて、予め全てのプロセスを手配・段取りしていますので、当日の手続きは時間拘束、トラブルなくスムーズに完了します。又申請日の送迎やビザ受け渡し時のお届けもご希望場所へ

代行費用は、申請受理された後に頂いていますので、初めてでご心配の方も、確実にビザが受理された事を確認の上、お支払い頂けます。

初回90日レポート付ビザの新規申請時に初回分の90日レポートは含まれています(無料)ビザ受領時に90日レポートの完了通知書類もパスポートに添付して返却されます。次回の90日レポートは、その期日から90日後となります。▶90日レポートの詳細はこちらから

リタイアメントビザ申請(代行)の必要書類

リタイアメントビザ(O)切り替えの必要書類

TM86 又はTM87(申請申込フォーム)

パスポートの原本+コピー

カラー証明写真:ビザ用(4cmX6cm)X2枚

資金証明-下記3つのうちいずれか

A. 80万Bの銀行残高証明書

B. 月額6万5000バーツ以上の年金収入証明

C. 又はその合算

賃貸契約書又は居住証明書 ※ホテル住所可

リタイアメントビザ取得代行のステップ

  • STEP1 :タイ入国

    30日ビザ免除を含め、あらゆるビザからリタイアメントビザへの切り替えが可能です。一旦、タイへ入国できたら後は切り替え手続きを行うのみ(既にタイに滞在している方はステップ2へ)

  • STEP2:リタイアメントビザ申請手続き開始

    現在の滞在有効期限の20日前までに申請を行います。申請はパタヤのイミグレーションで30分で完了いたします。(当日銀行口座開設ありの方はあわせて2時間弱)※滞在期限日20日前より早く申請も可能ですが、受け取り日自体は変わりません。

  • STEP3:リタイアメントビザ発行までお待ちいただきます

    ビザが発行されるまでの間、ご自由にお過ごし下さい。この間、パスポートはイミグレーションで預かっていますので、他の用事で必要な際の予備に事前にコピーを取っておく事をおすすめいたします。※もしどうしても原本が必要になった際は、一時的に返却も可能です(同行サポート致します)

  • STEP4:リタイアメントビザの受け取り

    ビザが発行されましたら、ご連絡いたします。パスポートは滞在中のお住まい又はご指定の場所までお届けいたします

ビザ取得から移住スタートまでの計画の立て方

リタイアメントビザ取得計画

最も取得ハードルの低いリタイアメントビザ(O)を最も手続きを簡素化できるISJの代行サービスによって、パタヤでのビザ申請をスタート地点にタイのそれぞれの移住地での新たなタイ生活へと続く道のりをワンストップでサポートしています。

リタイアメントビザ申請から受領までの流れ

リタイアメントビザは、ノービザ入国の滞在期限20日前までに(入国後10日までに)申請する必要があります。まずは滞在期限30日あたりに3ヶ月のNON-Oを受領し、同時に1年への申請を行います。この全てのプロセスが完了するまでの期間、最短で入国から数えて約40日前後はタイに滞在する必要があります。

リタイアメントビザ受領までのプロセス

ノービザ60日の滞在期間についてタイの観光業の成長促進を目的とした措置の一つとして、2024年6月1日からタイ政府はノービザ滞在期間を60日に延長しましたが、ノービザからリタイアメントビザへの切り替えのスケジュールには変更ありません。上記のようにこれまで通りのスケジュールで申請・受領が可能です。

リタイアメントビザ取得代行:よくある質問

リタイヤメントビザの有効期限は基本1年です。新規申請の場合最初は3か月を取得し次に1年を取得します。弊社で代行申請の際は3カ月取得直後に1年の更新が可。申請してから約一か月後には合計15カ月分を取得します。翌年からは1年ずつの更新になります。

現在お持ちのタイのビザが切れる前までに申請が必要になります。一番早いタイミングでは、ビザの切れる20日前程に申請する形になります。

リタイヤメントビザの更新の回数には制限はありません。初回に申請した同じ条件を満たしていましたら、その後何度でも更新可能です。

リタイヤメントビザの申請自体は通常は半日以内で完了します。パタヤのイミグレーションオフィスへご一緒に同行し、書類の提出とイミグレでの写真撮影を行います。現在コロナ渦でかなり空いていますので、最近のケースでは常に1-2時間以内に終了しています。午前10:00スタートの場合は大抵お昼前には完了しています。

リタイヤメントビザ発行までの所要期間は最短で約20日間です。ただし、既存の滞在有効期限日前後にビザを受領する形になりますので、早く申請した場合でも受領するタイミングは同じです。

ビザが発行されましたら、お客様の滞在先ホテル、又はご指定の場所(パタヤ市内)にお届けにあがりますので、来社の必要はございません。

リタイアメントビザ取得代行:お客様の声

ビザの申請代行が可能な日時【イミグレーションの営業日と代行受付時間】

※カレンダー赤色がイミグレーション休業日(土日・休日)
※土日・タイの祝日・年末年始(イミグレ休業日)以外は毎日申請可
※ご希望の申請日が複数名重なった際は最大4名同時に対応しています。(個別に対応希望の方は予めお知らせ下さい)

リタイアメントビザ申請の時間帯(2枠)

1日2回:午前の枠と午後の枠で承っております。

1.午前の枠

【必要書準備済み】10:00スタート➡11:00前後

【銀行サポート有】10:00スタート➡12:00前後

1.午後の枠

【必要書準備済み】13:00スタート➡14:00前後

【銀行サポート有】13:00スタート➡15:00前後

ご予約は渡航前(1-2週間以上前を推奨)にお願いします現在リタイアメントビザの予約者や銀行口座開設の予約も急増していて、対応できない日も増えていますので、当日や明日などギリギリのご予約では対応できない事も多くなっています。最低でも1-2週間前にはご予約下さい【国外からお越しのお客様は航空券を購入する前に、ご希望の申請期間で代行が可能か一度担当者に確認をお願いいたします

リタイアメントビザ取得代行費用

  • リタイアメントビザ取得代行【3カ月+12カ月:2回分合わせての代行費】 35,000 baht

    各種ビザからの切り替えのご相談・当日お迎え・イミグレーション同行・ビザの申請手続き・滞在先までのビザのお届けまで込みのサポート

銀行口座開設サポートと資力証明のサポートも同時にオプションで承っております(詳細はお問い合わせフォームの返信後に資料お送りします)

リタイアメントビザの申請が数か月先になる方へリタイアメントビザを取得する予定が近い方はビザ申請と同時の銀行口座開設を承っておりますが、移住予定時期やリタイアメントビザを取得する予定がまだ先の方は、先に銀行口座開設を行っておく事をお勧め致します。銀行開設サポートのお問い合わせはこちらから

タイ リタイアメントビザ申請代行:お問い合わせ

下記のフォームよりお問い合わせ頂けましたら、ご相談内容の回答と合わせてリタイアメントビザ代行の詳細をお送りいたします。
※具体的な申請の流れやスケジュール、又サポートの詳細をご返信しております

フォーム送信時のご注意点【成功画面を確認下さい】

送信ボタンを押した後必ず下記の画面に切り替わった事をご確認下さい(記入漏れの場合は数秒後にフォーム画面に戻ります)

Compare Listings

Title Price Status Type Area Purpose Bedrooms Bathrooms