fbpx

タイ移住に関する情報とサポート|リタイアメントビザ・銀行口座・タイ不動産・医療保険

Search

タイの病院|完全ガイド

安定したタイ移住生活を送る上でも、想定外の医療緊急事態に備えることはとても重要になります。タイでは、多種多様の医療システムが整っています。この記事では、タイの病院の医療レベルや設備、又タイ移住後にもし何かあった際にタイで適切な病院を選ぶために考慮すべき要素、移住者や外国人が選ぶトップの病院などについてご紹介します。

目次  

タイの医療機関と医療レベル

タイの医療機関

下記のグラフは1995年から2021年までの間に日本からタイ移住した(長期滞在者、永住者含む)日本人数の推計です。※統計は外務省発表の在留届けをベースにしており、3カ月内の短期滞在者は省きます。

タイの医療施設の割合

No Data Found

Data:Jetro   Chart: ISJ Longstay Thailand

医療機関の種類 医療機関の数
全体の医療機関数
38,512
私立の医療機関
(クリニックetc)
29,846
国立の医療機関
(クリニックetc)
6,046
私立の病院
1,650
国立の病院
1,246

タイの医療機関は、大きく分けて国立と私立の医療機関で構成されています。メディカルツーリズム産業(医療ツーリズム)に対応するバンコクの一部病院や、「医療処置とバケーション」がパッケージ化されている人気の観光スポットでは、病院というよりも高級ホテルを彷彿とさせる豪華な設備を持ち国際的に有名な医療を提供する病院も多数あります。

国立と私立の病院

タイの医療|病院①

国立の病院では、タイ国民に対して無料または低コストで医療サービスを提供しています。これらの病院は、地域によって異なりますが、一般的には必要最低限の設備が整っており、医師や看護師も充実しています。ただし、タイ人をメインとしているため、外国人にとっては言語や文化の違いからコミュニケーションの難しさがあるという面もあります。

タイの医療|病院②

私立の病院は、国内外からの患者に高品質な医療サービスを提供することを目的としています。これらの病院は、高度な医療技術と医療設備を持っており、タイ特有のホスピタリティーでホテルのような入院施設と対応があります。病院内でも外国語や文化に馴染んだスタッフが常駐しています。ただし私立の病院での医療費用は国立の病院に比べて高いという面があります。

タイで病院を選択する際には、ご自身のニーズや予算(又は保険)などに合った病院の選択が必須になります。例えば、通訳サービスが必要なケースは比較的多いと思いますが、その場合は私立の病院の中から日本語通訳や日本語受付のある病院を選択する事になります。また、専門的な医療サービスが必要な場合は、私立の病院の中から専門の病院を選択することになります。

タイの医療レベルについて

タイ医療レベル 病院の手術例

タイの医療は、近年技術・設備の改善に伴い、世界的に見ても高水準と言われています。特にバンコクは、国内外から治療を受けに来る外国人患者が多い国際医療の中枢として知られています。また、コストパフォーマンスが高く、整形外科や眼科、美容外科などの専門クリニックも充実しています。一方、地方部では医療設備の整備が不十分な場合があり、緊急時の医療サービスも不安定な場合があります。

タイの医療ツーリズム(Medical Tourism)タイは近年、医療ツーリズム(Medical Tourism)の拠点として注目されています。バンコクなどの大都市には、国内外からの治療を受けに来る外国人患者を受け入れる国際医療センターが複数あり、整形外科や眼科、美容外科などのスペシャリティクリニックも充実しています。さらに、技術・設備の改善やコストパフォーマンスの高さなどが魅力で、外国人患者が多い国として知られています。▶医療ツーリズムの詳細はこちらから

タイの病院の選び方

タイの医療と病院 選び方

病院選びのポイント

国立の病院は、タイ語が堪能であれば問題ないと言えますが、日本人の移住者や長期滞在者にとって、コミュニケーションの問題や衛星面での要素を考慮するとタイでの現実的な選択肢は私立の病院一択になると思います。私立の中でもタイにおいて病院を選ぶ際には、次のような要素を考慮することが大切です。

医療保険の加入条件から病院を選ぶ

もう一点、病院を選ぶ際のポイントとして、加入している医療保険の条件に合う病院を基準に探すというのも現実的な選択方法になります。病院の治療費を保険の補償額内に抑えたい方や、キャッシュレスを利用されたい方などは、その病院が適しているか前もって調べる必要があります。

日本人が選ぶタイのおすすめの病院【トップ3選】

タイで外国人、特に日本人に良く利用する病院をご紹介します。日本人通訳はもちろん、綺麗で清潔な医療環境とタイ国内外から評価の高い医療技術を持った病院は下記3院になります。

バムルンラード病院【BAMRUNGRAD HOSPITAL】

バムルンラード病院は、幅広い医療サービスを提供している世界的にも信頼性の高い医療施設です。高度な技術と経験を持った医療専門家のチームと、最先端の医療施設や技術を備え品質の良いケアとサポートを提供しています。特に院内環境には拘り、高級ショッピングセンターのような院内施設の充実度は、病院に滞在している事を忘れさせてくれる程快適に過ごせます。

病院名
Bamrungrad Hospital (バムルンラード病院)
タイ語表記
โรงพยาบาลบำรุงราษฎร์
全国の分院数
40以上
院内施設
コンビニ、銀行ATM、レストラン、カフェ
詳細情報

バムルンラード病院の画像ギャラリー

サミティベート病院【samitivej Hospital】

サミティベート病院は、患者のニーズに応える優れた医療サービスを提供することを目標としていて経験豊富で専門性の高い医師や看護師チームが在籍し、最先端の医療設備や技術を備えています。サミティベート病院は、一般的な健康診断から重篤な疾患の治療まで、幅広い医療サービスを提供することができます。また、日本人用の病棟を設けるなど快適な滞在環境を重視しています。

病院名
Samitivej Hospital (サミティベート病院)
タイ語表記
โรงพยาบาลสมิติเวช
全国の分院数
7
院内施設
コンビニ、銀行ATM、レストラン、カフェ
詳細情報

サミティベート病院の画像ギャラリー

バンコク病院【BANGKOK HOSPITAL】

タイの医療 病院 バンコク病院

バンコク病院は、タイ国内で有名な病院の1つです。高水準の医療設備や多国籍の医療スタッフ、日本語、英語、タイ語など多言語対応などに対応。現地の患者支援サービスも充実しています

病院名
Bangkok Hospital (バンコク病院)
タイ語表記
โรงพยาบาลกรุงเทพ
全国の分院数
38
院内設備
コンビニ、銀行ATM、レストラン、カフェ
詳細情報

バンコク病院の画像ギャラリー

タイの病院のデメリットについて

タイ 医療 病院のデメリット

上記のように医療に関しては、高水準なタイの病院ですが、唯一デメリットと言えるのは、気軽に「医療相談ができない」という事が挙げられます。例えば、ちょっとした疑問や小さな事で医師に質問したい場合でも、「診察」として割と高額の診察料がかかりますので、確実に病気になってから、又は症状が出てから病院に足を運ぶ事になり、気軽に医療相談にいけるような場所ではないかもしれません。

この記事は役に立ちましたか?
はいいいえ
関連記事
タイの医療について【事前知識】
タイの病院|医療ガイド
タイの医療|健康 関連記事
タイの医療|健康 関連ニュース
その他の記事カテゴリー

Compare Listings

Title Price Status Type Area Purpose Bedrooms Bathrooms