タイ移住情報と入国サポート|ビザ・保険の申請代行

プライバシーポリシー

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest

タイ入国情報

タイ入国 必要書類

2022年7月現在、タイ政府の発行するビザなら(30日以下の観光は不要)ワクチン接種は隔離なしで入国可、未接種の場合もPCR検査を受検する事で、隔離なしでタイへの入国が可能となっています。※経済制裁対象国を除く。ここでは現時点でのタイ入国の条件(必要書類等)をまとめてお知らせします。

パスポートと 有効なビザ
タイ入国 必要書類 パスポート

現在は、Visa on Arrivalを含め、観光ビザやタイのどのビザでも渡航が可能になっています。通常通り大使館でビザの申請が可能ですので、ビザ取得の詳細はタイ大使館のサイトをご確認下さい ※30日以内の観光であればビザ免除で入国可

ワクチン接種証明書又は検査証明書

タイ入国 必要書類 ワクチン接種証明書

タイ入国にはタイ政府が定める規定回数分のワクチン接種証明書が必要です(タイ政府が承認しているワクチンの種類のみ)※ワクチン非完全接種又は未接種の方は渡航前にPCR検査証明書又はプロフェッショナルATKテストの陰性証明書が必要となります

航空券の予約

当然ですがタイ行きの航空券の予約が必要です。観光目的など、大抵のケースでは往復航空券になりますが、タイで就業されている方など長期ビザを保有されている、又はタイで長期ビザに切り替える予定の場合は、往路のみの航空券でも入国は可能です。

新型コロナ対応の医療保険(任意)

新型コロナ医療保険 タイ入国 必要書類

タイ入国条件としての保険の加入は不要になりました。保険加入に関してはタイ政府は引き続き推奨はしていますので、ご希望の方のみコロナ関連のカバーがある保険をご利用下さい。(治療費の補償額にも制限なし)

PCR検査(又はATK検査)※

PCR検査 タイ入国 必要書類

ワクチン非完全接種の方とワクチン未接種の方は、引き続き渡航前のPCR検査(又は専門化によるATK検査)が必要です。 ワクチンを規定回数以上接種されている方はPCR検査の必要はありません。

出入国カードの記入【TM6】※

タイ入国 必要書類

6月17日にTM6カードの記入も一時的に廃止する決定がされました。 旅行者など短期滞在の方は記入は不要ですが、但しタイでビザの延長や切り替えを予定されている場合は必要書類としてTM6の提示が義務付けられており、この点についての是非が明確になるまでは、記入しておく事をお勧めいたします。

タイ入国情報
タイ入国の流れ
関連記事