タイ移住に関する情報とサポート|ビザ・保険の申請代行
Search

タイの銀行システムの最新動向

タイの銀行システム

最新のニュースによれば、タイの銀行システムは資本、貸出損失債務引当金、流動性の強固な水準を維持しており、2023年第2四半期には銀行システムの融資が前年同期比0.4%減少した。これは、COVID-19期間中の流動性支援から中小企業(ソフトローン施設を含む)と政府からの融資返済の逐次的な増加、大手企業が債券発行に資金を切り替え、銀行のポートフォリオ管理によるものだ。

2023年第2四半期の銀行システムの収益性は前年から改善し、高い純利益をもたらした。これは、預金金利とFIDF手数料の上昇、運用コストと引当金費用の増加にもかかわらず、高い純利益をもたらした。主要な銀行のいくつかは、海外投資や非銀行金融サービスの拡大による中長期の成長に備えている。タイの銀行業界は、成長を促進し、コストを削減し、顧客により良いサービスを提供するために新しいテクノロジーの導入を加速している。又バンコク銀行は、タイ経済の持続的な拡大が期待されることから、預金金利と貸出金利を引き上げている。

▶バンコク銀行では一部支店で旅行中にビザなしの正規口座開設が可(詳細はこちら)

この記事は役に立ちましたか?
はいいいえ

海外送金の決定版▶ 【ワイズ】海外送金|完全ガイド

その他の関連記事
海外送金 関連ニュース
マネー|経済 関連ニュース
その他の記事カテゴリー

Compare Listings

Title Price Status Type Area Purpose Bedrooms Bathrooms