タイ移住に関する情報とサポート|ビザ・保険の申請代行
検索

タイが初の3Dプリント医療センターを公開

3Dプリント 医療施設

タイが初の3Dプリント医療センターを公開したことは、医療インフラにおける重要なマイルストーン。シャムセメントグループ(SCG)によってCOBODのBOD2プリンターを使用して建設されたこの最先端の施設は、付加製造が医療建築をどのように革新するかを示しているとの事。革新的なデザイン、高速な建設、そしてコスト効率性を備えたこの3Dプリント医療センターは、未来の医療施設の新たな基準を目指す。

従来の建設方法は、しばしば医療セクターの要求を満たすのに苦労してきた。しかし、3Dプリンティングは有望な解決策を提供する事が可能となる。オマーンとインドでの記録的な3Dプリント建築物で知られるCOBODが、タイの初の3Dプリント医療センターの建設を指導しており、この先進的な技術は、建設速度を上げ、コストを節約し、デザインの柔軟性を高め、結果的に患者ケアを強化に繋がるとしている。

サラブリに位置する医療センターは、革新的なデザインと建設技術を統合している。COBODのBOD2 3Dプリンターと最先端のソフトウェアを使って、コンクリートの精密な層作りが可能であり、それにより複雑な建築特徴と印象的な美学が生まれる。施設のモジュラーデザインは、進化する医療ニーズに対応するための容易な拡張性とカスタマイズ性を確保している。

医療建設における3Dプリンティングの主な利点の一つは、建設時間とコストの大幅な削減である。自動化された建設プロセスと精密な材料使用は、廃棄物と経費を最小限に抑える。従来の方法と比較して、医療施設ははるかに速く建設でき、必要な医療インフラの提供を加速し、中断を最小限に抑えることができる。

この記事は役に立ちましたか?
はいいいえ
その他の関連記事

No posts found!

タイの医療について【事前知識】
タイの病院|医療ガイド
タイの医療|健康 関連記事
タイの医療|健康 関連ニュース
その他の記事カテゴリー

Compare Listings

Title Price Status Type Area Purpose Bedrooms Bathrooms