fbpx

タイ移住に関する情報とサポート|リタイアメントビザ・銀行口座・タイ不動産・医療保険

ISJ ロングステイタイランド タイ移住 リタイアメントビザ 銀行口座 不動産サポート
検索

中国人バイヤーのタイの不動産市場への多大な影響力

新型コロナウイルス感染症(Covid-19)のパンデミックが始まる直前、中国人バイヤーはタイの不動産市場に多大な影響力を及ぼしていた。2019年の中国人にとって自国外の不動産購入に関して最も人気のある投資先はタイであった。実際、この年、中国はタイに投資する海外バイヤー市場全体の 43% 以上を占めた。

新型コロナウイルスは不動産市場に深刻な影響を与えているが、最新の情報によると、滞留需要はまだ存在しているようだ。タイで最も人気のある投資先はバンコク、次にプーケット、そしてパタヤと続く。つまり、中国の購買中産階級の12%が興味を持っていると考えれば、かなりの数の潜在的な投資家がいることになる。したがって、パンデミックが沈静化し、これらの投資家が再び旅行して購入できるようになることが期待されている。

タイは香港で非常に人気があり、香港のビジネス界が資産を現金化し始めれば、その一部がパタヤに届くことは間違いないと考えられる。たとえば、香港に課された新しい法律は、市民的自由や地方選挙などの政治の場で利用されている。これらの措置が将来、経済・金融取引に波及し始め、人々の金融安全に不安が生じたと仮定した場合、より多くの資産が清算され、資金が海外に移動することが予想されます。

もう一つの要因は、中国本土からの海外送金を制限されている人々が、まず先に香港に送金していることだ。中国のタイへの投資資金の50%以上が香港を経由していると推定されている。

香港の段階的な乗っ取りとその後の外部干渉に対する中国政府の路線の強化は、市場全体に影響を与える変化が内部で起こっていることを意味している。これがどのように展開するか、そして中国当局がバランスを正すために行う努力は、ここパタヤの不動産市場に大きな影響を与えるだろう。

他の国でお金を使う人は、その前に多くの質問を受ける。香港情勢に対する当局の神経質さと人々の反応が、次に何が起こるかに大きな影響を与えるだろう。資産の大規模な流動化が国外に移されるとは誰も予想していないが、一部の企業は利益の一部をタイや政府の手が届かない他の場所に移している。今後数年間、パタヤでの支出が急増する可能性がある。

中国はここ数十年で大幅な進歩を遂げたが、資産はいつでも差し押さえられる可能性があり、お金をいつどこに使ってもよいかについての規則は今でも厳しい。当局は自国通貨の保護に多大な時間と労力を費やしており、他国への資産の大量流出を容認するつもりはない。短期的には、香港を中国のやり方に持ち込むことは問題を引き起こすと思われるが、前述したように、これはここタイの不動産および投資市場にとっては素晴らしい機会である可能性がある。中国の資金の支援を受けて、多くの新しいプロジェクトがすでにパタヤに到着しており、たとえ一時的に困難であっても、時間の経過とともに問題は解決するだろう

 

この記事は役に立ちましたか?
はいいいえ
その他の関連記事
住居・不動産 関連サービス
住居・不動産 関連記事
住居・不動産 関連ニュース
その他の記事カテゴリー

Compare Listings

Title Price Status Type Area Purpose Bedrooms Bathrooms