タイ移住情報と入国サポート|ビザ・保険の申請代行

プライバシーポリシー

タイの4つの銀行が「疑わしい送金」で調査

マネーロンダリング

国際的なマネーロンダリング報告書によると、タイの4つの銀行が “疑わしい金融取引 “をしていたとされ、調査を受けた。報告書では、タイで受け取った9,558,752米ドルとタイから送金された31,750,000米ドルの合計92件の “疑わしい “取引が発見された。

このファイルは、FinCENとして知られる米国金融犯罪取締ネットワークから流出したとされ、国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)のジャーナリストがその資金源を追跡した。 ICIJのFinCENファイル報告書は、「産業規模のマネーロンダリングにおけるグローバル銀行の役割を明らかにする」としており、1997年から2017年までの世界規模の疑わしい取引の総額が2兆米ドルであることを引用している。

マネーロンダリング対策室は、カシコン銀行、バンコク銀行、クルンタイ銀行、タイ輸出入銀行を調査する予定。Bangkok Postによると、同事務所のPreecha Charoensahayanont事務局長代理は、タイ銀行および金融情報機関とこの報告書を協議していると述べた。

『メディアからの情報はまだ検証されておらず、米国の公式な情報機関からの情報かどうかもわからない…適切な対応が必要だろう。何か報道があれば、必ず大がかりな調査が入るということではない。それはパニックを引き起こすだろう』

カシコン銀行には37件の疑わしい取引があったとされ、945万米ドルの疑わしい資金の送金があり、835,606米ドルを受け取った。バンコク銀行には52件の不審な取引があったとされ、2230万米ドルを送金があり、596万6141米ドルを受け取った。クルンタイ銀行には2件の不審な取引があり、20万米ドルを受け取ったとされる。Export Import Bank of Thailandは1件の不審な取引があり、2,557,005米ドルを受け取ったとされる。

2016 年、バンコク銀行は CIMB Bank Berhad に 22,300,000 米ドルを送金したとされる。バンコク銀行はまた、2013年6月2日から2013年11月12日までの45種類の取引で、イスラエル・ディスカウント銀行から合計5,920,731米ドルを受け取ったとされる。

Kasikorn Bank は、DNB Nor Bank Asa に 9,450,000 USD を送金したとされる。また、VP Bank AGと18件の取引を行い、511,606米ドルを受け取り、DMS Bank & Trustと5件18件の取引を行い、324,000米ドルを受け取ったとされています。

この記事は役に立ちましたか?
はいいいえ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

その他の関連記事