タイ移住情報と入国サポート|ビザ・保険の申請代行

プライバシーポリシー

タイの4,000件を超える銀行口座が違法預金・海外送金で調査

海外送金 マネーロンダリング

4,000を超える銀行口座が、詐欺師、麻薬密売人、コールセンター詐欺師、その他の犯罪者に雇われた個人が、違法行為で得たお金を保管、送金するために開設された疑いが持たれている。

マネーロンダリング防止局の事務局長代理であるRomsith Viriyasan少将は、タイ中央銀行代表者をはじめ、地方行政局や36の商業銀行および金融機関の代表者との会議の議長を務め、新規銀行口座開設を厳格化するための対策と、犯罪者が銀行や金融機関のサービスを利用して「不正な」預金、海外送金、マネーロンダリングを防止するための対策を議論した。

Romsith Viriyasan少将は4,000の疑いのある銀行口座についてAMLO(マネーロンダリング防止対策本部)はタイ警察と協力し、該当する口座がクリーンであるか、「不正な」資金の動きを促進するために使用されているかを調査すると述べた。

AMLO(マネーロンダリング防止対策本部)は36の商業銀行と金融機関がそれぞれの銀行で口座を開くために新規申請者の審査を強化することに合意したと、会議の結果を発表した。

この会議で合意されたように、今後銀行口座の開設を申請する個人は、氏名、生年月日、身分証明書番号、戸籍謄本に記載されている住所、職業、勤務先、電話番号などの連絡先、署名などの情報と証拠を銀行に提出する必要がある。

さらに、銀行は申請者の外見とIDカードが一致しているかどうかをチェックしなければならない。AMLOの責任者によると、銀行や金融機関は地方行政局と連携して同局のコンピュータープログラムをダウンロードし、同局の国勢調査データベースにログインして本人確認を行い、新しい銀行口座を開設しようとする申請者が身分証明書に記載されている人物と同一であることを確認するよう指示されているという。

この記事は役に立ちましたか?
はいいいえ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

その他の関連記事