fbpx

タイ移住に関する情報とサポート|リタイアメントビザ・銀行口座・タイ不動産・医療保険

Search

タイ 現金の持ち込みと税関での申告方法

現金お持ち込み

この記事では、旅行等やビザの残高証明用にタイへ一定額以上の現金を日本からお持ち込みになる予定の方を対象に、日本側、タイ側での税関申告手順やご注意点等ついて記載します。

目次

現金の持ち出しや持ち込みに申告が必要な理由麻薬や犯罪などに絡むマネーロンダリングを防ぐ目的で,各国の税関では出入国時(両方共に)携行できる現金額を定めています。通常、国は特に自国から出ていくお金には厳しい事が多く、入ってくるお金は歓迎されると思われがちですが、各国のマネーロンダリング防止の取り組みの観点から、お互いに協力している側面もあるため、外国から自国に持ち込まれる現金も同時に規制しています。現金には関税はかかりませんので必ず申告するようにしてください。(申告漏れはその時の判断により全額没収される可能性もあります)

【タイ出発前】日本側での現金持ち出しの申告

支払い手段等の輸出(輸入)申告書

日本から持ち出す現金が100万円以上の場合、税関に申告を行う必要があります。出発の際、空港の税関にて「支払い手段等の輸出(輸入)申告書」という紙に持ち出す現金額を記入して提出します。場所は荷物チェックとパスポートコントロールの間に税関の窓口がありますので、そちらで申告が可能です。

旅行費やビザの費用などで100万円以上持ち出す事は良くあり、このような正当な理由での持ち出しを申告する事で、後々不都合な事は起きませんので正直に申告しましょう。もし、申告漏れがあった場合は、タイのように「マイペンライ」では済みませんので、記入漏れのないようご注意ください。

【タイ到着時】タイ側での現金持ち込みの申告

Custom Declaration Form

タイ入国の際に、45万バーツ以上のタイ通貨(外貨の場合、1万5千USドル相当以上)又、無記名の譲渡可能証券を所持している場合も税関申告が必要になります。※タイ入国の際に所持するタイ通貨(バーツ)と外貨の合計額が45万バーツ相当額を超える場合も税関申告が必要です。申告する場所は入国審査→荷物受け取り→赤いゲート「Goods to declare」の順に進み税関職員にお尋ねください

この記事は役に立ちましたか?
はいいいえ
関連記事
タイビザ関連サービス
タイビザ 関連情報
リタイアメントビザ 関連情報
タイビザ 関連ニュース
タイ移住 コンサルティング
その他の記事カテゴリー

Compare Listings

Title Price Status Type Area Purpose Bedrooms Bathrooms