タイ移住情報と入国サポート|ビザ・保険の申請代行

プライバシーポリシー

リタイアメントビザ必要書類のまとめ

リタイアメント必要書類

リタイアメントビザの種類について

リタイヤメントビザのような長期滞在型のビザは、日本語で表す場合に年金ビザなど様々な呼び名があり混乱しがちですが、「年金ビザ」は日本人だけが通称で使っています。リタイアメント関連の全てのタイプを総じて呼んでいるため混乱の原因ともなっています。

基本的にリタイアメントに限らず全てのビザはタイ政府が定めたカテゴリーに分かれています。退職者のための長期滞在型のビザはカテゴリーとして大きく3種類あります。

  1. カテゴリー【O-A】(日本で取得)
  2. カテゴリー【O-X】(日本で取得)※O-Aと同じで、期間が10年のタイプ
  3. カテゴリー【O】タイで現地切り替え(今お持ちのビザから切り替えるタイプ)

この3つに分類されます。タイ一般的にはリタイヤメントビザというと、

  • カテゴリー【O】タイで現地切り替え(今お持ちのビザから切り替えるタイプ)

を指します(英語表記にRitrirementという文字が入っているのが、このカテゴリーOのリタイアメントビザになります)

リタイアメント関連ビザ:必要書類の比較

下記の3種類のビザは全て「リタイアメントビザ」と一般的に呼ばれているタイプになります。※正式にはロングステイと記載されるタイプとリタイアメントと明確に記されたタイプがに分かれています。ビザの本質的な部分は同じですが、申請できる場所や必要書類等に違いがあります。

カテゴリー:
Non-OA
Non-Ox
Non-O
名称:
ロングステイビザ
ロングステイビザ
リタイアメントビザ
申請場所:
日本(タイ国外)
日本(タイ国外)
タイ国内で切り替え
資力証明:
80万バーツの預金残高、
又は月収65,000バーツ以上の
年金受給証明書
(公証人役場にて発行)
80万バーツの預金残高、
又は月収65,000バーツ以上の
年金受給証明書
(公証人役場にて発行)
80万バーツの預金残高、
又は月収65,000バーツ以上の
年金受給証明書
(日本大使館にて発行)
海外送金
外貨証明
不要
不要
海外送金証明書
又は外貨持ち込み証明書
その他の
必要書類
・無犯罪証明書
 (+外務省容認書)
・英文健康診断書等
・無犯罪証明書
 (+外務省容認書)
・英文健康診断書等
タイでの現住所証明書
(イミグレーション申請)

【NON-O】リタイアメントビザの必要書類の詳細

タイで切り替える「NON-O」リタイヤメントビザの正式な必要書類は、タイのイミグレーションの公式サイトに明確に記されています。まずは、タイ政府が提示している必要書類を確認すれば、ネットのどの情報が正しいかという迷いもなくなります。

イミグレーション公式サイトの情報

  1. TM86 又はTM87(申請申込フォーム)
  2. パスポートのコピー+出国カード(TM6)
  3. カラー証明写真:ビザ用(4cmX6cm)X2枚
  4. 資金証明-下記3つのうちいずれか
  5. A:80万Bの銀行残高証明書
    B:月額6万5000バーツ以上の年金収入証明(年金)
    C:又はその合算
  6. 外貨持ち込み証明書
  7. 住居証明書

必要書類や条件が聞く人によって微妙に異なる理由

全く同じタイプのビザの話であったとしても、ネットで検索すると、必要書類の認識に微妙な違いがあったりします。これは一概にどの情報が間違っているかというよりはタイの行政の仕組みにも理由があります

タイでは、ビザ等の取得には当然予め決められたルールは存在しますが、各管轄・担当する役人にある程度の裁量権が認められています。こういった事から、実際申請時に言われた事が微妙に違ったり自身だけ追加書類を次から次へと求められたりという事も起きてしまうのが現実です。個人で申請する場合は基本的には担当者は選べないため、たまたま自分の担当になった人が納得いかない場合は、その担当者が納得いく形で通常不要な書類を揃り直してでも進めていくしかないのが通常です。

又地域によっても裁量の度合いは異なりやすく、現在パタヤでの取得に関してはバンコクで取得するよりも容易と言われています。その中でも担当者レベルでの細かい裁量の違いもありますので、「人によって言っている事が違う」というのはタイではある意味必然的な事とも言えると思います。

この記事は役に立ちましたか?
はいいいえ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

その他の関連記事