タイ移住情報と入国サポート|ビザ・保険の申請代行

プライバシーポリシー

Agodaで最も検索された旅行先としてタイが1位獲得

ホテル・旅行検索 1位はタイ

AGODAでの予約は日本からの旅行者が1位

ホテル予約サイト大手のAgoda(アゴダ)によると、今後6ヶ月間の旅行先として世界で最も検索されているのはタイであることがわかった。タイは2022年1月から3月にかけて、Agodaでの検索数が500%増加した。タイへの入国旅行者のトップ3は、1位が日本、米国(2位)、シンガポール(3位)になっています。

タイへの旅行は、常に変化する入国条件や余分な書類作成など、大変なように思われるかもしれません。しかし、Agodaは予約データをタイランドパスのプラットフォームと統合することで、そのプロセスをよりスムーズにしようと試みています。タイパスでは、予約の際にタイの入国要件に従っているかどうかを確認するために、入国する旅行者に宿泊施設の詳細を提供するよう求めており、Agoda はこれを自動的に行います。

タイランドパスとの連携で旅行者を後押し

AGODAのサイトでは「タイへお越しの方 Agodaでタイパス申請手続きを簡素化…PCRテストと空港送迎付きの宿泊、またはワクチン未接種者のためのオールインクルーシブ検疫宿泊を予約 – タイパス申請中にリアルタイムで予約を確認することができます」と表示されます

昨年から、タイは海外からの旅行者の関心を着実に高めており、今年に入ってからは予約者は500%も急増しています。

タイランド・パスやサンドボックス・プログラムなどの政府の制度は、国境再開後の国際観光の活性化に役立っています。

日本、米国、シンガポールからの旅行者は、タイへの再訪を最も強く望んでいる。次いでイギリスからの旅行者、フランス、スイス、韓国、モルディブ、フィリピン、インドネシアと続いています。

Agodaのチーフ・コマーシャル・オフィサーであるDamien Pfirsh氏は、Agodaとタイパス・プラットフォームのコラボレーションは「ヒューマンエラーの余地を減らす」ために有効であると述べている。

この記事は役に立ちましたか?
はいいいえ

「Agodaで最も検索された旅行先としてタイが1位獲得」への1件のフィードバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

その他の関連記事
タイ入国情報
タイ入国の流れ