タイ移住情報と入国サポート|ビザ・保険の申請代行

プライバシーポリシー

タイ入国規制|陰性証明書の確認

タイ入国規制|陰性証明書

2023年1月現在、タイ入国する際のワクチン接種証明書の提出、渡航前の陰性証明書の取得、到着時のPCR検査等の入国規制は完全撤廃されています。※但し、タイの空港到着時に新型コロナの症状が見られる場合のみ、空港でのPCR検査が行われる事がございます。

目次 

ワクチン接種について

2023年1月現在ワクチン接種に関するタイ入国規制はありません

(ワクチン接種証明書なしで入国可)

PCR検査について【陰性証明書について】

2023年1月現在PCR検査(陰性証明書の提出は)入国前と到着時もタイ入国規制はありません

(陰性証明書なしで入国可)

但し、空港到着時に「新型コロナウイルスの症状」が見られる方は、係員の判断にて空港でPCR検査を行う場合もあります
対象者
ワクチン非完全接種(又は未接種)で、隔離なしの入国を希望の方全て
検体採取方法
鼻咽頭ぬぐい又は唾液(指定なし)
検査方法
RT-PCR
受験期間の条件
出発72時間前以内に検体採取したRT-PCR検査が必要
医療機関
政府指定の医療機関はありません

日本帰国前のPCR検査について 【日本入国用の陰性証明書】

タイ入国には陰性証明書は不要ですが、日本に入国する際にワクチンを3回接種されていない方は、陰性証明書が必要です。

対象者
ワクチンを3回接種していない方
検体採取方法
■ 鼻咽頭ぬぐい液(Nasopharyngeal Swab)
■ 鼻腔ぬぐい液(Nasal Swab)
■ 唾液(Saliva)
検査方法
■ RT-PCR法(real time reverse transcription PCR)
■ LAMP法(Loop-mediated Isothermal Amplification)
■ TMA法(Transcription Mediated Amplification)
■ TRC法(Transcription Reverse-transcription Concerted reaction)
■ NEAR法(Nicking Enzeme Amplification Reaction)
■ Smart Amp法(Smart Amplification process)
受験期間の条件
出発72時間前以内に実施
医療機関
政府指定の医療機関はありません
証明書タイプ
紙(PDF不可)
証明書形式
証明書言語
英文の証明書
提示場所
日本入国時時(空港の検疫所)

タイでPCR検査を受検できる場所については、こちらをご覧下さい

唾液(Saliva)
鼻咽頭ぬぐい液(Nasopharyngeal Swab)
検体採取方法においてはタイ政府の指定する方法はありません。
タイ入国においてどちらの検体採取方法でもPCR検査結果は有効です。
証明書タイプ
紙(PDF不可)
証明書形式
検査結果と新型コロナウィルスに完感染していない事を記載(指定は形式はなし)
証明書言語
英文の証明書
提示場所
タイ入国時と出発空港でのチェックインカウンターにて提示
タイ入国情報
タイ入国の流れ
関連記事