タイ移住に関する情報とサポート|ビザ・保険の申請代行
検索

タイランドパス申請方法|完全ガイド(2022年6月)

この投稿ではタイランドパスの実際の登録方法に特化してご説明いたします。画像を参考にしながらご自身で行う手順を紹介します。英語が苦手な方やお時間のない方へは、タイランドパス申請代行も承っております

目次 

まずは登録に必要な4種類の書類を準備する

上記4点の情報をそれぞれ入力していく形になります。まずは上記をお手元にご準備下さい。(隔離ありオプションは6月からはありません)※ワクチン非完全接種又は未接種の方は、ワクチン接種証明書の代わりに72時間前のPCR検査結果(陰性証明書)をアップロードします。

タイランドパス登録手順 【2022年6月1日より】

タイランドパス申請画面1

【6月1日からのタイランドパス】まずは空路か陸路の選択をします

1.隔離条件の選択

2.合意をクリックして次へ

3.渡航情報の入力

BEGIN REGISTRATION(申請開始を選択) ※「隔離あり」のオプションは6月からはありません ➡次に合意をクリックし、渡航情報を入力

個人情報の入力

ワクチン接種証明書

最後に接種したワクチンの情報の入力とワクチン接種証明書のアップロード

滞在先住所(タイ)と緊急連絡先(日本又はタイ)の入力

医療保険証書

登録項目は上記のように、4つのセクションに分かれていて、左から順番にそれぞれのセクションの入力が完了したら次の項目へと移っていきます。

ワクチン非完全接種(未接種)の場合

ワクチン非完全接種又は未接種の方でも渡航前(72時間前)のPCR検査は受検する必要がありますが、ワクチン完全接種者と同様の条件(隔離なし)で入国が可能です。この場合、タイランドパスへはワクチン接種証明書の代わりにPCR検査の陰性証明書をタイランドパスへアップロードする形になります。この登録方法も、ワクチン完全接種者と同じ手順です。【同じ箇所に入力、アップロード】

 

72時間前のPCR検査を受検される方のタイランドパスの申請のタイミングですが、PCR検査は、即日で検査結果が出ると思いますので、その結果をもってタイランドパスの申請を行います。現在、ほとんどのケースで1-2時間後にはQRコードが発行されていますが、何かあった時に訂正できるよう、検査後すぐに登録しておく事をおすすめいたします。

タイランドパス登録完了! 【承認待ち】

後は、承認を待ってQRコードを取得するのみ!6月1日からは1-2時間程で承認されるとの事ですが、なるべく早めの登録をお勧めいたします。※PCR検査を受ける方は、受験後の申請という順になりますが、今の所書類に不備がなければ、十分間に合います

タイランドパス QRコード(例)

タイランドパス QRコード

承認されると上記のようなQRコードのPDFが送られてきます。赤色の日付は、滞在期間ではなく、入国の有効期限になります。登録した日付から3日間の猶予がありますので、この期間内にタイ入国すればタイランドパスの登録変更なく、このQRコードを利用して入国できます

この記事は役に立ちましたか?
はいいいえ

タイランドパスの申請代行

タイランドパス申請代行

当サイトではタイランドパス申請代行を承っております。英語が苦手な方面倒な方などお気軽にお問合せ下さい。一度ミスをしてしまうとやり直すにも、質問をするにも不透明で分かり難いタイランドパスの申請ですが、日本語で代わりに申請を承り全面サポートしています。下記リンクのフォームから日本語で渡航情報を入れて必要書類をアップロードするだけでお申込み頂けます。

この記事は役に立ちましたか?
はいいいえ
その他の関連記事
タイ入国情報
タイ入国の流れ

Compare Listings

Title Price Status Type Area Purpose Bedrooms Bathrooms