タイ移住に関する情報とサポート|ビザ・保険の申請代行
Search

【タイ銀行口座開設】旅行者のガイド

銀行口座開設 旅行者

この記事は、タイで銀行口座を開設する旅行者に向けたガイドです。短期旅行者でもタイで銀行口座を開設できますが、その方法は限られています。ISJでの銀行口座開設サポートをご利用した場合の、口座開設の流れや口座開設後に何ができるか、又口座開設のための短期旅行の計画の立て方についてご紹介致します。

目次  

タイで外国人が銀行口座を開設する時の条件

タイで外国人が銀行口座を開設するには、銀行の基本的な方針としてワークパミット(労働許可証)又は長期ビザの保有が前提となっています。ただし、タイでは以前よりビザを持っていないケースでも、各支店の判断により旅行者も一部支店では開設が可能になっています

数年前までは、どこのエリアでも旅行者が口座開設できる支店を個人でもいくつかは探せる状況にありましたが、2023年に入り各支店の判断も厳しくなっており、2023年末の現在ではパタヤの限られた一部の支店でのみ対応が可能となっています。

旅行者(ノービザ)での銀行口座開設の必要書類

基本的には下記の3種類の書類をお持ちでしたら、旅行中でも銀行口座の開設が可能です。

  1. パスポート
  2. 居住証明書(旅行者でも取得可)
  3. タイの電話番号(旅行者用のプリペイドSIM可)

ISJの代行を利用の場合は、基本的に上記書類や手続きを全てサポートしますので、パスポート一つのみ持参の方でも銀行口座開設は可能です。

ISJで銀行口座開設を行った旅行者の直近の例(2023年11月)

バンコクでのノービザ銀行口座開設の状況

旅行者が銀行を探す様子

バンコクでは、有名な支店としてバンコク銀行のシーロム支店で旅行者でも口座開設が2023年の6月頃まで可能でしたが、今現在この支店での受付も停止になっています。

バンコクでの旅行者の銀行口座開設は現状では全て閉ざされている状況となりますが、リタイアメントビザなどの受け入れに強いパタヤの方では引き続き一部銀行で旅行者の口座開設を受け付けています。ただし、個人での交渉は厳しくなっており、昔のようにふらっと立ち寄りお願いするだけでは受け付けてもらえない状況になっています。ビザ関連で通常からやりとりがある業者などを通じて開設するとより確実に開設が可能になります。

銀行口座開設のためのタイ旅行の計画

口座開設の計画

何泊の旅行で銀行口座開設が可能か

ISJで銀行口座サポートを依頼された場合、基本的にその当日の数時間のみで口座開設は完了しますので、極端な話日帰りでも1泊2日の旅行でも口座開設は可能です。但し、あまりタイトにすると非常に疲れますので(銀行も場合によっては混んでいたりしますので)身体のご負担を考えた場合、日帰りは少しキツくなると思います。

はじめてタイにお越しになる方へも、空港の格安タクシーの手配からホテルご紹介まで、口座開設が完了してお帰りになるまでの一連のサポートを行っていますのでお気軽にご相談下さい

この記事は役に立ちましたか?
はいいいえ
関連記事

Compare Listings

Title Price Status Type Area Purpose Bedrooms Bathrooms