fbpx

タイ移住に関する情報とサポート|リタイアメントビザ・銀行口座・タイ不動産・医療保険

ISJ ロングステイタイランド タイ移住 リタイアメントビザ 銀行口座 不動産サポート
検索

WISEでSWIFT送金する方法

WISE SWIFT 送金

この記事ではWISEを使って海外送金する際に、SWIFTで送金する方法をご紹介します。例えば海外のコンドミニアム購入時やSWIFTでしか送金を受け付けない支払いなどがある場合にWISEの通常送金ではSWIFTを介しませんが、WISE口座内のマルチキュレンシー口座を利用してSWIFT送金が可能となります。

目次  

SWIFTとは?

SWIFT :「Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunication」

SWIFTは主に銀行向けの送金システムで、1973 年に共同公益事業として、国際送金で安全に通信するための共通の課題を解決するため15 ヶ国(239 の銀行)によって 設立されました。

現在では、200 か国以上(11,000 を超える金融機関)が SWIFT ネットワークを利用しています。
SWIFTネットワークに接続されている銀行には SWIFT コード があります(BIC コードとも呼ばれます) 銀行はこれらのコードを使用して相互に通信します。※電子メールアドレスの仕組みに似ています。 銀行に送金を指示すると、銀行はSWIFT コードを使用して受取銀行に「SWIFT メッセージ」を送信します。

WISEの「通常送金」ではSWIFTは介さない

WISEの通常の送金はSWIFTネットワークを利用していません。送金元の国にあるWISEの口座で資金を受け取り、送金先の国にあるWISE口座から送金しているので、実際には両国間を跨ぐ送金ではありません。(詳細はWISE 海外送金完全ガイドをご欄下さい)※

通常送金ではなくSWIFT送金が必要となるケース

SWIFT送金を選択しない理由としては例えば、他国にコンドミニアムを購入し、その場合の送金にSWIFTでの送金のみが認められるケースや、商品やサービス購入時に相手先がSWIFTでの送金しか認めない場合などのケースなど、理由は限定的になると思いますが、WISEの銀行口座が付与される通貨口座を設定(有効化)する事で、WISE内からもSWIFT送金が可能になります

日本の銀行窓口から直接相手先の銀行へSWIFT送金を行う事も可能ですが、手間を考えるとWISEを利用して送金する方がオンラインで楽に送金できます。

WISEの通貨口座でSWIFT送金する手順

はじめにWISE画面から銀行口座が開ける対象の通貨が使えるように設定(有効化)します。WISEではワンタッチでご希望の通貨口座が使えるようになり、その通貨の入金が可能となりますが、その中で下記の通貨口座を有効化すると、その国の銀行口座が付与されます(自分名義でIBAN付与)

銀行口座が付与される通貨一覧

  • USD:アメリカドル(米国の口座番号とルーティングナンバーの取得)
  • GBP:英国ポンド(英国の口座番号とソートードの取得)
  • EUR:ユーロ(ヨーロッパのIBANコードの取得
  • AUD:オーストラリアドル(オーストラリアの口座番号とBSBコードの取得)
  • NZD:ニュージーランドドル(ニュージーランドの口座番号の取得)
  • SGD:シンガポールドル(シンガポールSWIFT/BICコードと口座番号の取得)
上記の通貨を開設(有効化)するだけで、その国の銀行口座が付与されます。

WISE通貨口座でSWIFT送金ができる銀行口座を開設【手順①】

「開く」ボタンを押す

まずホーム画面の右上の「開く」をクリックします。※見えない場合は、右矢印で一番右までスクロールすると現れます

用途の選択

左側を選択します

通貨の選択

銀行口座が付与される通貨(USD,AUD,NZD,EUR,GBP,SGD)の中で希望の通貨を選択

銀行口座(通貨口座)の開設完了!

開設したこのWISE銀行口座(通貨口座)へ資金をチャージ【手順②】

ここでは通貨口座の入金手順について説明いたします。まずは、ホーム画面より先ほど銀行口座を開設した通貨のマークをクリック

チャージボタンを押す

通貨口座の詳細が出てきますので、その中の「チャージする」をクリック。

金額の設定

通貨の欄に希望額を記入します。※日本の銀行から日本円で入金する場合、入金通貨の欄は「日本円」を選択

送金目的の確認

ここは、日本国内での振り込みになりますので、日本国のルールに従い、送金の目的を示す必要があります。「自身の生活費」や、「家族友人への送金」など、送金の目的を選択

入金方法の選択

入金手段も2通りあり、手数料が高くますがデビットカードから入金する事も可能です。ここでは「ご利用の銀行から手動で入金」を選択

入金口座名義の確認

自分名義の口座からしか振り込めませんので、そのまま続行をクリック

銀行振込の詳細方法を選択

大抵の場合、オンラインバンキングを利用されていると思いますので、「オンラインバンキング」を選択。銀行のATM機から入金される場合は、「銀行ATM」を選択

入金先口座情報を確認して、いざ振込

この画面で入金先の口座を確認できたら、お持ちの口座のオンラインバンキングを利用してワイズへ日本円を送金します。この作業は国内の振込作業になりますので手動で行います。ご利用の銀行のサイトへログインし、振込作業を完了させたら、「振込を行いました」をクリック。

開設したWISE銀行口座への入金手続き完了

※ホーム画面で入金状況を確認頂けます

入金されたWISEの銀行口座からSWIFT送金する【手順③】

口座内に資金が入ったので、送金ができるようになります。ここから送金方法としてSWIFTを選択すれば、あとは通常の送金のように操作を行うのみでSWIFT送金が可能になります。

ここからの送金方法は、WISEの通常の送金方法と同じになります。金額や送金目的など入れて送金するのみ。唯一の違いは、下図のように相手先の口座情報を入力する際にSWIFTを選択できるようになっています。※ここで相手のSWIFTコードを入れて送金すれば、これでWISEからSWIFT送金が完了となります

この記事は役に立ちましたか?
はいいいえ
関連記事
FreeCurrencyRates.com
WISE(ワイズ)海外送金 特集
WISE海外送金 詳細ガイド
WISE海外送金 関連記事
タイ海外送金 関連ニュース
マネー|経済 関連ニュース
カテゴリー一覧

Compare Listings

Title Price Status Type Area Purpose Bedrooms Bathrooms