タイ移住情報と入国サポート|ビザ・保険の申請代行

プライバシーポリシー

タイランドパスは7月1日に廃止される可能性

タイランドパス 撤廃の方向

6月17日のCCSAの本会議で決定

タイの観光大臣Phiphat Ratchakitprakan氏によると、「タイランド・パス」は7月1日に完全に廃止される可能性があるとのこと。タイランドパスの運命は6 月17 日のCCSA の次の本会議で決定される。

タイランドパスは6月1日にタイ国民に対しては廃止されたが、タイに入国する外国人はまだ申請が必要のまま。入国する外国人旅行者は、タイランドパスのウェブサイトにアクセスし、パスポート情報、1万米ドルをカバーする新型コロナカバーの保険の証明書、ワクチン接種歴をアップロードしてQRコードを入手し、到着後に入国審査で使用することが可能。

ワクチン接種を受けていない人は、空港に到着した際に、PCRテストが陰性であること、またはATKテストキットがプロフェッショナルであることを証明する書類をアップロードする必要がある。

タイランドパスは、タイの観光産業の活性化に向けた最大の障壁の一つと考えられており、観光相は、この制度が廃止されれば、タイは1日あたり3万人の入国旅行者に到達すると確信している。

タイ国政府観光庁のユタサック・スパソーン総裁は、金曜日に民間セクターとの会議を開き、このテーマについて意見交換を行い、来週の金曜日にCCSAに提出する予定だと述べた。

タイランド・パスにまつわる面倒な事務手続きがなければ、より多くの外国人観光客がタイに飛び立とうという気になるでしょう。タイランド・パスの代わりに新たなお役所制度が導入されなければ、旅行者は昔のようにパスポートだけでタイに入国できるようになるかもしれません。

この記事は役に立ちましたか?
はいいいえ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

その他の関連記事
タイ入国情報
タイ入国の流れ