タイ移住情報と入国サポート|ビザ・保険の申請代行

プライバシーポリシー

タイ入国|渡航前のPCR検査が4月1日から不要に

PCR検査の撤廃
新型コロナ政府対策本部(CCSA)は、4月1日から海外からタイに到着する旅行者は、(タイへの渡航前に)RC-PCRテストを受ける必要がなくなると発表しました。到着前検査の廃止は、現在のスワンナプーム、ドンムアン、プーケット、クラビ、サムイ、チェンマイ、ウータパオ空港に加え、ハッヤイ空港にも適用される予定。CCSAの広報担当者によると、CCSAは空港の準備状況に応じてすべての空港に拡大したいとしている。 旅行者は、タイに到着した後もRT-PCRテストを受けなければなりません。また、Test & GoとSandboxの制度では、入国から5日後にホテルでモニターを見ながら抗原自己検査(ATK)を受けなければなりません。また、海外からの入国者は、少なくとも2万米ドルの新型コロナ保険に加入する必要があります。この週には、これを10,000米ドルに引き下げるという案もあったが、これは実現しなませんでした。スポークスマンによれば、必要な保険金額は後に引き下げられる可能性が高いとのこと。 4月1日からは、陸路では南部のサトゥーン県から、海路ではスラタニ港から入国できるようになる。海路の旅行者は現在すでにプーケットとチョンブリからの入国が認められている。プーケットでは先週、インドネシア人4人組がヨットで到着した事例が最初です。TEST&GOの海路の旅行者は、新型コロナウイルスのRC-PCRテストを受け、結果が出るまでは船で隔離されます。 CCSAの広報担当者は、渡航前検査の撤廃は、Test & Go、Sandbox、検疫のいずれのルートで到着したかにかかわらず、すべての観光客に適用されると述べた。
この記事は役に立ちましたか?
はいいいえ

「タイ入国|渡航前のPCR検査が4月1日から不要に」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 医療保険補償額の引き下げと5日目PCRテストの廃止が決定 | ロングステイ・タイランド

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

その他の関連記事
タイ入国情報
タイ入国の流れ