タイ移住情報と入国サポート|ビザ・保険の申請代行

プライバシーポリシー

SCB「CoinShot」と提携、韓国からタイへのリアルタイム海外送金

海外送金 韓国 SCB

サイアムコマーシャルバンク(SCB)はこのほど、デジタルバンキングのリーダーシップをさらに強固にするため、総合金融サービスのリーディングカンパニーで「コインショット」アプリケーションを保有する韓国のFintechスタートアップ「フィンショット」との業務提携を発表しました。コインショットは、韓国からタイの受取人への簡単・便利・迅速・安全なリアルタイムの海外送金を、より低いサービス料で提供するものです。お客様は24時間いつでもご自身で簡単に取引を行うことができ、SCBがセンターとなって受取人のタイの銀行口座にリアルタイムで資金を振り込む。また、お客様はアプリケーションを通じて送金状況を確認することが可能に。 今回の提携により、グローバルな金融取引の拡大をサポートする。

今回の提携について、サイアムコマーシャルバンク GTS and Ecosystems Function Executive Vice PresidentのThanawatn Kittisuwanは、「デジタル技術の登場は、世界中の消費者の行動を急速に変化させる重要な要因となっています。デジタル技術の登場は、世界中の消費者の行動を急速に変化させている重要な要因です。お客様をサポートし、金融取引をデジタルチャネルで行うよう促すことは、お客様に利便性を提供するだけでなく、COVID-19がもたらすリスクの軽減にもつながります」と話す。

SCBは、新しい金融ソリューションを開発するために技術的能力を取り入れ、その可能性を高め、提供できるサービスの範囲を拡大することで、金融サービスに迅速に適応し、変革することを決意している。SCBは、国際的な金融取引の需要が今後も増加することを予見し「CoinShot」アプリケーションを運営する韓国のFintechスタートアップ企業「FinShot」と提携し、韓国からタイの受取人へのリアルタイム送金サービスを提供することになった。このサービスにより、お客様は窓口に出向くことなく、便利で迅速、かつ安全な海外送金サービスを利用することが可能となった。より安価な手数料と高い送金限度額により、24時間いつでも簡単に取引を行うことができると話す。また、海外に住むタイのユーザーにとっても、タイへの送金が簡単かつタイムリーに行えるようになり、より利便性が高まるとしている。

参照:techsouce

この記事は役に立ちましたか?
はいいいえ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

その他の関連記事