タイ移住に関する情報とサポート|ビザ・保険の申請代行
Search

タイ 移住ビザ|長期滞在できる6種類のビザ

タイ移住ビザ 6種類の長期滞在ビザ

この記事では、「タイ移住ビザ」として知られる、さまざまな長期滞在が可能なビザの種類を紹介します。これらのビザはそれぞれ異なる要件や特典を有しており、移住の目的や条件によって最適な選択肢は異なります。リタイアメントビザから、高度専門職向けのスマートビザ、さらには豪華な特典が付いたタイランドエリートまで、タイに長期滞在できる幅広い選択肢をご紹介します。

目次

はじめに:タイでの長期滞在とビザの必要性

タイは、その独特の文化、暖かい気候、そして手頃な生活費で多くの世界中の人々に人気の移住先の一つです。首都バンコクの都市的な魅力から、チェンマイやプーケットのリラックスできるビーチライフまで、タイは多様性に富んだ生活スタイルを提供しています。この国では、外国人が比較的容易にコミュニティに溶け込むことができ、移住初心者にも優しい環境が整っていると言えると思います。

そんなタイでの長期滞在や移住を実現するためには、適切なビザの取得が不可欠になります。タイ政府は様々なタイプの移住に適した(長期滞在が可能となる)ビザを提供しています。タイでの長期滞在を望む個々の状況やニーズに合わせて適切なビザを選ぶことで、タイでの生活がよりスムーズかつ充実したものになるでしょう。

移住ビザ①:リタイアメントビザ(O)

リタイアメントビザ(ノンイミグラント-O)は、50歳以上の退職者がタイでの長期滞在を楽しむためのビザです。このビザは、比較的容易な要件で申請できるため、多くの退職者にとって手が届きやすい選択肢となっています。ノービザ入国後にタイで切り替えができるのも、このリタイアメントビザのみとなります。

リタイアメントビザ(O)の申請条件

  • 年齢:申請者は50歳以上である必要があります。
  • 財政的要件:申請者はタイの銀行口座に80万B以上の資金を保有しているか、あるいは月6万5000バーツ以上の定期的な年金収入(又は合算)を証明する必要があります。

申請プロセス

  • 書類:申請にはパスポート、残高証明書等の書類が必要です。
  • 手続き:タイの大使館や領事館で申請が行われます。また、ノービザ入国後にタイ国内でのビザ切り替え申請も可能です。

ビザの利点

  • 有効期間:このビザは通常1年間有効で、延長申請が可能です。
  • 手続きの難易度:ロングステイビザ等に比べ、取得ハードルは非常に低く、いきなりタイにノービザでお越しになっても取得する事ができる、最も取得しやすいビザの一つです。
  • 生活の自由度:リタイアメントビザ保有者は、タイ国内で自由に居住し、国内を旅行することができます。

注意点

  • 就労禁止:このビザでは就労することはできません。ただし、ボランティア活動や特定の条件下での活動は例外として認められる場合があります。
  • 継続的な資力証明:ビザの更新には、引き続き一定の財政基準を満たしていることを証明する必要があります。(代行においては個人での申請時の基準と大きく異なる場合があります)

移住ビザ②:ロングステイビザ(OAとOX)

ロングステイビザ、別名ノンイミグラント-O-Aビザは、タイでの長期滞在を望む50歳以上の人々に適したビザです。このビザはリタイアメントビザとは異なり、より長期間の滞在を可能にします。

ロングステイビザの取得条件

  • 年齢:申請者は50歳以上である必要があります。
  • 財政的要件:申請者はタイの銀行口座に一定額の資金を保有しているか、定期的な収入があることを証明する必要があります。この資金額はリタイアメントビザと同様、時期によって変動する可能性があります。
  • 健康保険:タイ国内での医療費用をカバーする健康保険への加入が必要です。
  • 無犯罪証明書:日本の所管庁で発行した犯罪歴がない事を証明する書類が必要
  • 健康診断書:重病や重疾患に罹患していないことを示す内容を含むものを準備し、外務省での承認が必要です。

申請プロセス

  • 書類:パスポート、剤高証明、健康保険証書、無犯罪証明書、健康診断書などが必要です。
  • 手続き:タイ国外にあるタイ大使館や領事館での申請のみ可(タイ国内での申請や切り替えは不可です)

ビザの利点

  • 有効期間:このビザはOA:1年間(OX:5年間)有効で、その後更新が可能です。
  • 生活の自由:ビザ保有者はタイ国内で自由に生活し、旅行することができます。

注意点

  • 就労禁止:このビザカテゴリーでも就労は許可されていません。
  • 継続的な資力証明:ビザ更新の際には、引き続き財政基準を満たしていることの証明が必要です。(タイ国外で取得するタイプのビザのため条件も統一されており、必要書類は例外なく煩雑になります)

ビザは限りなくリタイアメントビザと似ていますが、OXは5年と長期間のビザを取得できる利点に対し、日本(タイ国外)でしか申請できない点と、必要書類が煩雑である事からハードルは高めです。

移住ビザ③:スマートビザ

スマートビザは、特定の高度技能を持つ専門家、投資家、起業家、または企業の幹部に向けたタイ政府が提供する新しいタイプのビザです。このビザは、タイの経済成長とイノベーションを促進することを目的としています。

ビザの要件

  • 職業分野:テクノロジー、デジタル、バイオテクノロジーなど、タイ政府が指定する特定の分野における専門家であること。
  • 経済的貢献:タイ経済に対する投資やイノベーションへの貢献が期待されます。

申請プロセス

  • 書類:専門性や経済的貢献を証明する書類、職歴証明書、教育証明書など。
  • 手続き:タイの大使館や領事館、またはタイ入国管理局で申請を行います。

ビザの利点

  • 有効期間:最長4年の滞在が可能で、この期間は更新することができます。
  • 就労許可:スマートビザ保有者はタイでの就労許可を自動的に取得し、タイ国内での職業活動が容易になります。
  • 家族同伴:配偶者や子供もスマートビザを通じてタイでの滞在が可能です。

注意点

  • 資格の厳格さ:スマートビザは高度な技能や特定の分野での実績が求められるため、申請資格を得るのが難しい場合があります。
  • 継続的な条件の満たし:ビザの更新には、引き続きビザの条件を満たし続ける必要があります。

スマートビザは、タイの経済成長に貢献しようとする高度技能者や専門家にとって魅力的な選択肢です。このビザを通じて、専門家はタイの動的なビジネス環境に参加し、自分のキャリアをさらに発展させる機会を得ることができます。

移住ビザ④:タイランドエリート

タイランドエリートプログラムは、長期ビザとVIP特典を提供する、タイ観光庁傘下のThailand Privilege Card Co., Ltdが運営するエクスクルーシブな滞在プログラムです。このプログラムは、タイでの高級な生活体験を求める富裕層に特に人気があります。

プログラムの特徴

  • マルチプルエントリービザ:5年から20年の有効期間を持つマルチプルエントリービザを提供します。
  • 付帯特典:入出国時のVIP待遇、リムジン送迎、ゴ
  • 付帯特典:入出国時のVIP待遇、リムジン送迎、ゴルフ、スパ、エステ、マッサージなど、ステータスに応じた特典を利用可能です。

プログラムへの加入条件

  • 費用:60万バーツから200万バーツまでのプランがあり、ライフスタイルに応じて会員資格を選択できます。
  • 条件:特に指定された条件はありませんが、プログラムの費用を支払う能力が必要です。

申請プロセス

  • 手続き:日本のタイ大使館・領事館、タイの国際空港及び入国管理局で申請できます。

プログラムの利点

  • 生活の快適さとステータス:タイランドエリートプログラムは、タイでの滞在をより快適で特別なものにします。
  • 長期滞在の自由:マルチプルエントリービザにより、タイへの長期滞在が容易になります。

移住ビザ⑤:LTRビザ(LTR)

LTRビザ(Long-Term Resident Visa)は、富裕層外国人、富裕退職者、高度技能専門家、タイ居住リモートワーク専門家(デジタルノマド)など、特定のカテゴリーの外国人を対象とした新しいタイプの長期ビザです。

ビザの要件

  • 対象者:裕福な外国人、高度な技術を持つ専門家、裕福な退職者、デジタルノマドなど。
  • 経済的基準:ビザ申請者は、一定の経済的基準を満たす必要があります。これには、所得、資産、投資などが含まれる場合があります。

申請プロセス

  • 書類:専門家資格証明、所得証明、健康保険証明などが必要です。
  • 手続き:タイの大使館や領事館での申請が一般的ですが、タイ国内での申請も可能です。

ビザの利点

  • 有効期間:初回申請時に最長5年間の滞在が可能で、その後最長5年間の延長が可能です。
  • 就労の自由:LTRビザを保持する外国人は、タイでの就労許可があります。

注意点

  • 更新条件:ビザの更新には、継続してビザの条件を満たし続ける必要があります。
  • 就労条件:雇用主を有する外国人は、雇用契約に従って就労する必要があります。

移住ビザ⑥:学生ビザ(ED)

学生ビザ、通称EDビザは、タイの教育機関で学ぶ学生に提供されるビザです。タイでの教育を目指す学生にとって、このビザは長期滞在のための重要な手段となります。

ビザの要件

  • 教育機関の受け入れ:タイの教育省が認定する教育機関による受け入れ証明が必要です。
  • コースの期間:通常、3か月以上のコースである必要があります。

申請プロセス

  • 書類:教育機関の受け入れ証明書、パスポート、教育機関からの推薦状など。
  • 手続き:ビザはタイの大使館や領事館で申請し、タイ教育省の認定を受けた後、タイ国内の入国管理局で申請します。

ビザの利点

  • 教育の機会:EDビザにより、タイの教育機関で学ぶための合法的な滞在が可能になります。
  • 文化体験:タイでの学生生活を通じて、タイの文化や言語を深く学ぶことができます。

注意点

  • 就労制限:学生ビザでは一般的に就労が許可されていません。
  • コースの継続:ビザの有効期間中、教育機関に在籍し続ける必要がありま

学生ビザ(ED)は、タイでの学術的な追求や文化的な経験を深めたい学生にとって理想的な選択肢です。このビザを利用することで、学生はタイの多様な教育機会を利用し、新たな知識と経験を積むことができます。また、タイの日常生活に触れながら、言語能力や文化的理解を深める貴重な機会となります。

まとめ:タイでの長期滞在を実現するために

この記事で紹介した様々なタイプのビザは、それぞれ異なるニーズと条件を持つ人々に合わせて設計されています。リタイアメントビザから学生ビザ、スマートビザに至るまで、タイには多様な滞在オプションが用意されています。

タイでの新しい生活を始めることは、新たな冒険への一歩です。長期滞在のための適切なビザを手に入れることで、タイの豊かな文化、暖かなコミュニティ、そして無限の可能性を存分に楽しむことができます。タイへの移住は、ただの夢ではなく、正しい準備と情報によって実現可能な現実となります。

この記事は役に立ちましたか?
はいいいえ
関連記事

Compare Listings

Title Price Status Type Area Purpose Bedrooms Bathrooms