タイ移住情報と入国サポート|ビザ・保険の申請代行

プライバシーポリシー

保険要件引き下げも、新型コロナ治療費は十分カバー

タイ入国医療保険引き下げ

CCSAが海外からの入国者に要求する保険金額の引き下げを決定したことを受け、保健相は新しい数字がCovid治療をカバーするのに十分であると述べています。タイ入国に必要な強制保険は、3月1日から50,000米ドルから20,000米ドルに引き下げられました

 

Anutin Charnvirakul氏によると、この金額は、タイ王国への旅行費用を削減し、より多くの外国人観光客の訪問を促すために引き下げられたという。バンコクポストの報道によると、国家健康安全保障局の数字によると、重度の新型コロナ感染者の治療費は通常1人当たり30万バーツ前後だという。


“補償額を3万ドルに設定すれば、観光やビジネスで訪れる人たちに負担が増えることになる。そこで、さらに減額して、少なくとも2万ドルで医療費をカバーすることにしました。”

昨日の会合で、CCSAは、保険加入の要件を引き下げると同時に、3月1日から5日目のPCRテストを捨てることを決定した。現在、すべての海外からの入国者は、到着時と滞在5日目にPCRテストを受けなければならない。どちらの検査もSHA Plusホテルへの予約が義務付けられており、渡航者は両日とも陰性結果が出るまで部屋で待機しなければなりません。

2回目(5日目)の検査は、観光客にとって大きな抑止力になると広く受け止められており、観光業者はすべてのPCR検査の中止を要求している。政府はこれを一部認め、3月1日から5日目の検査は自己注射による抗原検査に切り替わることになった。しかし、出発の72時間前にPCR検査で陰性であることと、到着時にPCR検査を行うことは、タイランドパスの手続きと同様、依然として要求されている。

アヌティンは、5日目の検査が廃止されることへの懸念を払拭し、抗原検査は効果的なスクリーニングメカニズムであると述べ、タイでの感染症の大部分は輸入ではなく、現地での感染例であることを指摘した。彼は、ウイルスの最新の波を打ち負かすために、誰もが予防接種を受け、リスクの高い活動を避けるよう繰り返し呼びかけています。

“感染者ゼロにするためには、封鎖措置をとらなければならないが、すでにその段階は過ぎており、ウイルスが当初のように重症化することはないようだ。”

この記事は役に立ちましたか?
はいいいえ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

その他の関連記事
タイ入国情報
タイ入国の流れ