タイ移住に関する情報とサポート|ビザ・保険の申請代行
Search

タイの交通ルールと運転マナーのガイド

タイでの運転は、異文化体験の一環として魅力的ですが、そのためにはタイの交通ルールと運転マナーを理解することが不可欠です。この記事では、タイの道路で安全かつ礼儀正しく運転するための基本ルールとマナーを簡潔に解説します。

目次  

タイの基本的な交通ルール

左側通行の原則

タイでは、日本と同様に左側通行が基本です。これはタイ全土で一貫しており、交通の流れや標識、信号機の配置も左側通行に合わせて設計されています。特に初めてタイを訪れるドライバーは、この点を意識して運転する必要があります。

都市、町、高速道路での速度制限

タイの都市や町では、一般的に速度制限は60km/hに設定されています。一方、高速道路や国道では、場所によって90km/hから120km/hの範囲で速度制限が定められています。しかし、実際の道路状況や交通の流れに応じて適切な速度を選ぶことが重要です。

シートベルトの義務と子供用カーシートに関する法律

タイでは、運転席および助手席の乗員に対してシートベルトの着用が法律で義務付けられています。また、12歳以下の子供にはカーシートの使用が必須であり、子供たちを後部座席に乗せることが求められています。これらは、交通事故時の安全を確保するために非常に重要な規則です。

飲酒運転の法的血中アルコール濃度限界と罰則

タイでは、飲酒運転に対する厳しい法規制があります。法的血中アルコール濃度限界は0.5グラム/リットルと定められており、違反者には罰金や免許の停止などの罰則が科せられます。特に運転免許を取得して5年未満のドライバーには、より低い0.2グラム/リットルの制限が適用される場合があります。安全運転のためにも、飲酒後の運転は絶対に避けるべきです。

道路状況の理解

都市部の道路状態

タイの大都市、特にバンコク、チェンマイ、プーケットなどでは、道路は一般的に良好に保たれています。しかし、これらの都市部では特にラッシュアワー時の交通渋滞が激しく、運転には注意が必要です。また、バイクが交通の流れの中を縫うように動くので、特に注意が必要です。

田舎道の状況

都市部を離れると、道路の状況は大きく異なることがあります。主要道路は一般的に良好な状態を保っていますが、一部の側道や小道は未舗装であったり、穴が開いていたりすることがあります。田舎では、特に夜間の運転は街灯が限られているため、難しい運転になることがあります。

道路上の潜在的な危険

  • : 特に雨季後には、あまり手入れされていない道路に穴が開いていることがよくあります。穴を避けるために、適切な速度で運転することが重要です。
  • 動物: 田舎道では、犬や牛、鶏など道路を横断する動物に遭遇する可能性があります。注意深く運転し、動物が移動するスペースを与えてください。
  • 予測不可能な行動: タイの運転手は独自の運転習慣を持っています。例えば、ヘッドライトを点滅させることは道を譲る合図ではなく、進行する意思表示かもしれません。また、ウィンカーを使わないドライバーもいるため、突然の車線変更に備えておく必要があります。
  • 歩行者横断: 全ての歩行者が交通が止まるのを待つわけではありません。特に学校や市場の近くでは、注意して運転してください。

タイの道路状況は多様で、時に予測不能な要素が多く含まれています。特に都市部と田舎では大きく異なるため、その地域の特性を理解し、適切な運転を心掛けることが大事です​。

道路標識と信号の理解

道路標識の基本

タイの道路標識は国際基準に従っており、タイ語と英語で表示されています。安全な運転にはこれらの標識を理解することが不可欠です。主な標識には以下のものがあります:

  • 停止 (ป้ายหยุด): 赤い八角形の標識で、「หยุด」(「止まれ」)と記されています。
  • 進入禁止 (ห้ามเข้า): 白い横線のある丸い標識で、道路が通行不可であることを示します。
  • 速度制限 (ความเร็ว): 速度制限を示す数字が書かれた丸い標識です。速度はkm/hで表示されます。
  • 動物注意 (ระวังสัตว์): 動物のイメージが描かれた三角形の標識で、動物の横断に注意を促します。

歩行者横断の認識

タイでは車両用のレーンが指定されており、歩行者の多い屋外文化のため、横断歩道を認識することが重要です。車の前に歩行者用の横断歩道がある場合は、まず停止し、歩行者が道を渡るのを待つ必要があります。大都市では横断歩道が一般的ですが、多くの人々が適切でない方法で道路を横断することもあり、ドライバーとしては歩行者に道を譲る責任があります。

駐車ルール

駐車する際は、指定された駐車場所に停めることが重要です。安全で警備員がいる場所に車を停めるようにしましょう。また、偶数日または奇数日に駐車できる日が指定されていたり、朝7時から9時まで駐車禁止とされている場合があります。赤と白のペイントでマークされた縁石には駐車してはいけません。

他の道路利用者との交流

モーターバイクやトゥクトゥクとの運転時の対処法

タイの道路では、様々な種類の車両が共存しており、中でもモーターバイクやトゥクトゥクは特に注意が必要です。これらの小型車両はサイズが小さいため、車の死角に隠れやすくなっています。方向転換する前には常にサイドミラーやブラインドスポットをチェックし、適切なウィンカーの使用を心がけてください

ウインカーの使用

日本やその他のほとんどの国と同様に、タイでも車線変更や曲がる際にはウィンカーの使用が必要です。しかし、他の車両が同様にウインカーを使用するとは限らないため、常に周囲の車両との距離を保ち、特にタクシーの後ろを運転する際には注意が必要です。タクシーは突然乗客の乗降のために停止することがあります。

追い越し時の注意点

市街地外での追い越しは特に注意が必要です。法律では右車線を使用して追い越すことになっていますが、左車線を使用して追い越すドライバーもいます。山間部を運転する際には、道が完全に見通せることを確認してから追い越してください。また、田舎道では道に飛び出す可能性のある動物や子供に特に注意してください

運転マナーとジェスチャー

タイの運転は時にカオスに見えますが、タイ文化は非常に礼儀正しく、それは運転マナーにも反映されています。不必要なクラクションの使用や道路上での激怒はまれです。また、タイのドライバーが使用する一般的なジェスチャーに慣れることも重要です。例えば、頭を上に振るジェスチャーは道を譲っていることを意味し、逆に頭を下に振ると自分が進むことを示しています。

タイの交通警察とのやり取り

交通警察に停止された際の対応

タイで交通警察に停止された場合、冷静かつ尊敬を持って対応することが重要です。安全に道路脇に停車し、エンジンを切った後、警察官の指示があるまで車内に留まります。運転免許証、車両登録証、パスポートを準備しておき、レンタル車の場合はレンタル契約書も必要です。

停止される一般的な理由

  • 定期的な検査: タイの警察はランダムに運転手を停止させて書類をチェックすることがあります。
  • 交通違反: 速度違反、違法な転回、シートベルト未着用、ヘルメット未着用など、観察可能な違反が理由です。
  • 検問所: 休日や夜間には、飲酒運転をチェックするための検問所が設置されることがあります。

罰金とペナルティ

罰金が科された場合、指定された期間内に地元の警察署で支払う必要があります。罰金の額は違反の種類によって異なり、軽微な違反で200~500THB、重大な違反ではより高額な罰金や懲役刑の可能性もあります。罰金を支払った際には、領収書を保管しておくことが重要です

賄賂について注意点:タイの警察官は近年はどこで誰に撮影されてSNSにアップされるか分からないため、昔と違い賄賂は簡単に受け取らないため、あからさまに賄賂を提示する事はおすすめしません

言語の壁とコミュニケーション

タイの警察官の中には英語が話せる者もいますが、全員が話せるわけではありません。事日本語に至っては話せる警察官はゼロです。そんな時は翻訳アプリやフレーズブックを持っていると役立つ事もあります。また、タイの伝統的な挨拶「ワイ」(胸の前で手を合わせるジェスチャー)を使うと、それだけでも礼儀正しい印象を与えることができます。

まとめ

タイでの安全な運転は、地元の交通法規を理解し、遵守することから始まります。左側通行の原則、適切な速度の維持、シートベルトの着用、飲酒運転の厳禁など、基本的な交通ルールの遵守が重要です。都市部と田舎道での違い、道路標識の正しい読み方、歩行者や他の車両との適切なコミュニケーション、さらには交通警察とのやり取りに至るまで、これら全てがタイでの安全運転に貢献します。

異文化の中で運転する際には、地元の運転習慣やマナーに慣れることも大切です。タイの運転マナーは礼儀正しさが特徴で、これを理解し実践することで、より快適で安全な運転体験が可能になります。言語の壁や文化的な違いに直面した場合でも、冷静さと礼儀を保つことが、円滑なコミュニケーションの鍵となります。

この記事は役に立ちましたか?
はいいいえ
関連記事

Compare Listings

Title Price Status Type Area Purpose Bedrooms Bathrooms