タイ移住情報と入国サポート|ビザ・保険の申請代行

プライバシーポリシー

タイランドパスからのお知らせ【6月1日からの変更点】

2022年6月1日より、タイ国籍の方(タイのパスポートをお持ちの方)は、タイパスへの登録が不要になり、到着後の検疫や検査なしでタイに入国できるようになりました。ただし、ワクチンが未接種/完全接種ではない場合は、出発前72時間以内に発行された RT-PCRまたはProfessional ATKの検査結果のいずれかを持参する必要があります。(自身で行う簡易的ATK検査は不可です)

タイランドパス公式サイトからのお知らせ

2022年6月1日以降に空路および陸路でタイに入国する外国人は、以下の通り、タイランドパスへの登録が必要です。

1. ワクチン完全接種者:

■タイランドパスへの登録
■パスポートとワクチン接種証明書の添付
■タイでの治療費に10,000USドル以上をカバーする保険証の添付

※タイ入国前と入国後のPCR検査は不要

 

2. ワクチン非完全接種/未接種者:

■タイランド・パスへの登録
■パスポートと渡航前72時間以内に発行されたCRT-PCR又はProfessional ATK(簡易版の自己検査は不可)の検査結果
■タイでの治療に10,000ドル以上の保険が適用されることを証明する保険証の添付

タイランドパス改定ルールの追記・まとめ

* 2022年6月1日より、外国人の方も渡航前72時間以内に発行された Professional ATK(自己ATKは不可)検査結果をタイ入国に使用することができるようになりました。

* 外国籍の方は、タイの社会保障制度や雇用主・会社からの証明書を保険の代わりに使用することも可能です。

* 2022年6月1日より、タイに入国する全ての外国人は、強制検疫オプション(AQスキーム)は認められません。ワクチン接種証明書またはRT-PCR / Professional ATK検査結果を旅行前72時間以内に発行する必要があります

* 2022年6月1日より、タイパスのQRコードは登録完了後、1~2時間以内に自動発行されます。タイへの入国は、タイランドパスQRコードだけでなく、そこに添付されている書類の有効性によって決定されますので、ご注意ください。

* ワクチン非完全接種/未接種の方で、検疫の免除を希望される方は、ご旅行前72時間以内に発行されたRT-PCR/プロフェッショナルATKテスト陰性結果(保護者とご旅行の6~17歳のお子様を含む)をタイランドパスへ添付してください(6歳未満はテスト結果の添付は不要)。ただし、18歳未満のお子様で、保護者の方がワクチン接種を受けている場合は、保護者の方と同じ入国制度が自動的に適用されますので、この限りではありません。

* QRコードに記載されている入国日から72時間以内(3日以内)であれば、タイパスのQRコードを使用して別の日に入国することができます(再申請や変更の必要はありません)。RT-PCR / Professional ATKの検査結果を使用してタイに入国する場合、検査結果は出国場所の出国時まで有効である必要がありますので、ご注意ください。また、タイランドパスのQRコードは1回のみ使用可能です。

この記事は役に立ちましたか?
はいいいえ

「タイランドパスからのお知らせ【6月1日からの変更点】」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: タイランドパス申請方法|完全ガイド | ロングステイ・タイランド

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

その他の関連記事
タイ入国情報
タイ入国の流れ