タイ移住情報と入国サポート|ビザ・保険の申請代行

プライバシーポリシー

タイランドパス|4月18日からの変更点

タイランドパス 変更点

到着日の変更が7日以内なら、タイランドパスへ再申請不要

タイランドパスの公式ホームページによると4月18日(月曜日)から小さな変更があります。当初のタイランドパスで承認された日付と異なる日に到着しても、前後どちらかの7日以内であれば、問題なく入国できるという内容です。

以下、直訳すると
「申請者は、承認されたタイランドパスのQRコードを使って、QRコードに記載された当初の入国日の前後7日以内であれば、異なる入国日にタイに入国することが可能となる。

これは本日4月18日から開始され、CAAT(タイ民間航空局)および航空会社には既に連絡済み。

入国日が変更される場合はホテル、又ホテル送迎の再予約と保険の日付変更は引き続き必要です。しかし、タイランドパスのサイトに変更日をアップロードする必要はありません。チェックイン時と到着時に通常通りご提示いただくのみとなります。」

この他にも、5月1日あるいはそれ以前に、さらに多くの変更が行われるという噂も出ています。この変更により、到着時に必要な書類や入国制限による混乱はさらに解消される見込みです。また、良いニュースとしては、入国管理局や到着局では、到着時のATK検査が実際にどのように機能するか、特に複数の国際線が同時に到着した場合に、検査を待つ乗客の到着ホールをどうするかについて、検討中であるという事です。

観光関係者は、タイのテスト&ゴー入国プログラムを中止する案をCCSAの次回会合に提出する予定であると発表しています。タイ国政府観光庁は観光スポーツ省とともに、4月22日の次回会合で提案書を提出する予定。

観光スポーツ省のPhiphat Ratchakitprakarn大臣は、この変更が承認されれば、5月1日から観光客はワクチンパスポートのみでタイに入国できるようになる、と述べています。

「タイパスのオンライン登録システムで書類が承認されるまで、3〜5日待つ必要がなくなる」


この計画案では、外国人旅行者の到着時のPCR検査は、空港到着時の抗原検査(ATK)に置き換えられる見込みである。この提案はまだ議論されておらず、施行される前にCCSAとタイ内閣の承認を得なければならない。

参照: タイランドパス公式ウェブサイト

この記事は役に立ちましたか?
はいいいえ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

その他の関連記事
タイ入国情報
タイ入国の流れ