タイ移住情報と入国サポート|ビザ・保険の申請代行

プライバシーポリシー

タイ国際航空、さらに4,250人を削減、早期退職を勧奨

タイ航空 リストラ

タイ航空の社員4,250人が、残留社員審査に落ちて早期退職に追い込まれました。このプロセスは、国営航空会社の悲惨な財務状況と現在の債務再編プログラムのために必要な結果であった。残った職員は、新しい、より無駄のないコンタクトに追い込まれている。

13,554人のタイ航空残留スタッフが審査プログラムを受けた。バンコク・ポスト紙によると、9,304人が合格した。不合格となった4,250人のスタッフは、早期退職手当を受け取るか、次のスタッフ選考に応募することができる。審査に合格した社員は、引き続きレガシー航空会社で働き、5月1日からの契約にサインする。新しい契約では、「楽な」契約職員手当の多くがなくなり、より現代の航空ビジネスに沿ったものとなっている。
一次審査に漏れた人たちは、来週月曜日から始まる二次審査に応募できることが通知された。結果は4月28日に発表される。それ以外の人は、今日中に早期退職手当を申請することになっている。タイ国際航空は、過去に膨れ上がった社員数を減らす最良の方法を探し続けているため、彼らの後任が決まることはない。退職金は、12ヶ月間、4回に分けて支払われる。最初の支払いは今年6月に行われる予定だ。

一方、労働組合の代表者は、タイ航空のスタッフの新しい契約の条件に異議を唱えている。労働組合は、今回の変更により多くの元社員の資格や福利厚生が削除、または希薄化されたと主張している。組合はタイの労働保護福祉局に対し、今回の変更を見直し、中央破産裁判所に提出した債務再編計画に合致しているかどうかを確認するよう要請した。

タイ国際航空は、昨年4月以来、航空機のほとんどが地上待機となっており、現在も長期の破産手続きの真っ只中にある。債権者の大半は海外の航空機リース会社。また、2020年に接地した結果、キャンセルされたフライトの払い戻しを要求している数万人のチケットホルダーがいる。

タイ政府は、2020年までの10年間、毎年、タイ航空の支配株式を売却して負債を救済した後、タイ航空を自由に切り離した。

参照: バンコクポスト

この記事は役に立ちましたか?
はいいいえ

「タイ国際航空、さらに4,250人を削減、早期退職を勧奨」への1件のフィードバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

その他の関連記事
タイ入国情報
タイ入国の流れ