タイ移住情報と入国サポート|ビザ・保険の申請代行

プライバシーポリシー

タイ 減税 税金
タイ政府は、より多くの人材をタイに呼び込むため、高度な技能を持つ外国人労働者の個人所得税の税率を引き下げることを検討している。歳入庁のEkniti Nitithanprapas氏によると、当局は税率を17%に引き下げる可能性を検討しているとのことです。

バンコク・ポスト紙によると、タイの個人所得税の税率は給与に基づいており、年収150,001バーツから300,000バーツまでは5%に設定されている。年収500万バーツ以上の労働者は、現在、最高税率である35%の所得税が課される。


高度な技術を持つ外国人労働者が減税の対象となるには、タイで不足している分野で雇用される必要があるが、タイ国内であればどこでも働くことが許されることが理解されている。しかし、エクニティは、減税だけでは外国人専門家をタイに引きつけることはできないとし、安全性や学校、医療の質といった要素が非常に重要であると述べている。このため、税率を下げても何も変わらないと考える国もあるという。

関連ニュースとして、タイはワインなどのアルコール飲料と葉巻の輸入税の引き下げを閣議決定した。これらの品目の輸入税は5年間50%引き下げられ、より高度な技術を持つ専門家を呼び込むことを目的としている。バンコク・ポスト紙によると、これらの品目に対する現在の税率は30%から60%の間である。

一方、税関のPatchara Anuntasilpa氏は、外国人専門家の給料が高いため、減税しても税金が問題にならないため、外国人専門家を呼び込めないかもしれないことを認めている。しかし、財務省が効果があると信じるなら、彼の部署はそれを試してみるつもりだと言う。

参考文献: バンコクポスト

 

この記事は役に立ちましたか?
はいいいえ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。