タイ移住情報と入国サポート|ビザ・保険の申請代行

プライバシーポリシー

タイ中央銀行が外国為替規制を緩和

タイ中央銀行

タイ中央銀行(BoT)は月曜日、バーツが対ドルで2週間ぶりの安値となるなど為替相場が不安定な中、資本移動とリスク管理を容易にするため、為替規制をさらに緩和したと発表した。

今回の変更には、送金制限の緩和、ヘッジの促進、補助書類の削除が含まれており、昨年、資本流出を促進し、変動に対処するために外国為替措置が緩和されたのと同様の動きであると、BoTは声明で述べている。

現在5000万ドルが上限となっている非関連会社への年間貸出限度額も撤廃され、海外での不動資産購入の限度額も撤廃される予定。

広告

この規則は、政府の官報に掲載された時点で有効となり、より多くの目的での対外送金を可能にし、中央銀行からの事前承認の要件を削除するものである。

タイ企業は、必要に応じて国内で外貨を購入し、送金することができるようになります。これまでは、外貨預金口座を通じた送金のみが許されていた。

例えば、世界市場と連動している商品の国内決済から発生する為替リスクをヘッジするなど、より広い範囲での外国為替リスク管理が可能になる。

コストと事務処理の負担を軽減するために、外貨取引に必要な補助書類の数は少なくなると、BoTは述べている。

「これにより、輸出業者、輸入業者、およびサプライチェーンに関わる人々が、より効率的に為替リスクを管理することができるようになる」と述べている。

 

参照:Bangkok Post

この記事は役に立ちましたか?
はいいいえ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

その他の関連記事