タイ移住情報と入国サポート|ビザ・保険の申請代行

プライバシーポリシー

タイ中央銀行、政策金利を0.5%に据え置き

金融政策委員会(MPC)は、4対3で政策金利を0.50%に維持することを決定した。3名の委員が政策金利を0.25%ポイント引き上げることに決定。

タイ中央銀行は、物価上昇と同業他社の金融引き締めから来る圧力が強まる中、主要政策金利を0.5%に据え置いた。

同委員会は、タイ経済は回復を続け、内需の拡大と外国人観光客の増加により、従来の予想を上回るペースで拡大する可能性があると評価した。

総合インフレ率は6.2%と予測

総合インフレ率は、2022年に6.2%、2023年に2.5%と予測されています。2022年のインフレ率は、国内のエネルギー価格の上昇と、より幅広い製品に広がったコスト上昇の転嫁により、目標範囲の上限を超えると思われます。
金融政策委員会の投票が4対3で割れたことは、5月に14年ぶりの高水準となる7.1%を記録した最近のインフレの復活を強調している。

金融政策委員会は、今年のインフレ率を6.2%と予想し、前回予想の4.9%を上回るとした。

しかし、同委員会は、サービス部門を中心とした国内消費の予想以上の回復を背景に、タイ経済は2022年に3.3%、2023年に4.2%で拡大するとも評価している。また、タイなどでの国境警備の早期緩和を受け、外国人観光客の入国も改善した。

今年の外国人観光客数は600万人と予想され、来年は1,900万人に増加する可能性がある。

金融システム全体は引き続き弾力的である。商業銀行の資本金と貸倒引当金は高い水準にある。金融システムの流動性は、流動性の分布が経済セクターによって異なるものの、依然として十分な水準にある。一部の家計や企業は、高水準の負債に加え、所得が完全に回復していないため、生活費や生産費の上昇に対して脆弱なままである。

参照:Thailand Business News

この記事は役に立ちましたか?
はいいいえ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

その他の関連記事