fbpx

タイ移住に関する情報とサポート|リタイアメントビザ・銀行口座・タイ不動産・医療保険

ISJ ロングステイタイランド タイ移住 リタイアメントビザ 銀行口座 不動産サポート
検索

パタヤの不動産市場と動向

パタヤの不動産市場は、タイ東部の経済計画の影響と観光の中心地としての利点もあり、外国人投資家やリタイアメントを考える層にとっての新たな焦点となっています。この記事では、2022年から2024年にかけてのパタヤ不動産市場の動向と、成長を後押しする東部経済回廊(EEC)計画の影響、パタヤでの不動産投資の機会、市場の成長セグメントについてご紹介します。

目次 

パタヤ不動産市場の全体像

パタヤの不動産市場は、2023年から2024年にかけての期間で大きな注目を集めています。特にコンドミニアム市場は、外国人投資家やリタイアメントを検討している層に人気を博しており、この地域の不動産市場を牽引しています。地元のデータによれば、コンドミニアムの価格帯は幅広く、さまざまな選択肢が購入者に提供されています。これには高級セグメントから手頃な価格帯の物件までが含まれます。

東部経済回廊(EEC)計画はパタヤの不動産市場に大きな影響を与えています。この計画は、チョンブリ、ラヨーン、チャチューンサオの3県を結ぶ経済特区の開発を目指しており、パタヤはこのプロジェクトの中心地となっています。EECによるインフラ整備や投資促進は、パタヤへのアクセスを向上させ、不動産市場に好影響をもたらしています。商業施設の新規開発、国際空港の拡張、高速道路の整備などが進行中で、これらは長期的な不動産価値の向上に貢献しています。

パタヤの不動産市場は、安定した成長、多様な物件の選択肢、EEC計画による投資促進など、複数の要因で支えられています。市場は競争が激化していますが、投資家にとっては引き続き魅力的な機会が多く存在しています。

パタヤの不動産動向(過去3年)

パタヤ 過去3年の内覧件数 推移

新型コロナウイルスの大流行は世界中の経済に影響を与え、不動産市場も例外ではありませんでした。パタヤの不動産市場は特に国際的な観光客の減少により大きな打撃を受けましたが、パンデミックが収束に向かい、世界中でニューノーマルに適応していく中、この市場は徐々に回復の兆しを見せ始めています。

2021年から2023年までのパタヤの不動産市場の動向を見ると、特に数年間のコロナの影響が薄れた2023年の物件内覧件数に大幅な増加が確認できます。これは、パタヤの不動産市場が再び活性化し始めている明確な兆候です。

物件タイプ別に見た不動産需要

2023年のパタヤの不動産市場は、多様な物件タイプが存在し、それぞれの市場シェアが明確に異なっています。この年の物件別シェアを示す最新のデータによると、コンドミニアムが市場の大部分を占めています。

コンドミニアムの高い需要

パタヤでのコンドミニアム購入は、パタヤの不動産市場において最も人気のある選択肢で、市場シェアの55%を占めています。この高い割合は、コンドミニアムの手頃な価格、便利な立地、そして充実した設備が、多くの購入者や投資家にとって魅力的であることを示しています。特に、観光客や短期滞在者に人気のある地区では、コンドミニアムは高い需要を持ち続けています。

ハウスプロジェクトの安定した需要

ハウスプロジェクトは市場の20%を占め、安定した需要を示しています。家族や長期滞在者に人気があり、よりプライベートな住環境を求める人々に選ばれています。これらの物件は、より広い居住空間と独立した生活環境を提供することで、特定の顧客層を引き付けています。

ヴィラとタウンハウス

ヴィラは市場の15%を占め、高級志向の購入者や長期滞在者に人気です。一方、タウンハウスは市場の10%を占め、家族向けの住宅オプションとして認識されています。これらの物件は、コミュニティの一部としての生活や、より高いプライバシーと静かな環境を求める購入者に適しています。

不動産購入目的の割合

投資目的

約44.23%の購入者が投資目的で不動産を購入しています。パタヤは高い賃貸収益(インカムゲイン)と資産価値の上昇が見込める地域として注目されており、投資家にとって魅力的な選択肢です。特に、観光地としての人気や、商業施設の発展が目覚ましい地域では、資産の価値は継続的に上昇しています。

個人使用

約33.33%の購入者が自己居住のために物件を購入しています。これには、パタヤでの仕事やビジネスのために長期滞在する人々や、退職後の快適な生活を求める人々が含まれます。パタヤの不動産市場は、その多様な物件選択肢と生活の質の高さで、自己居住を目的とする購入者にも非常に魅力的です。

別荘や社宅

約22.44%の購入者が別荘や社宅として物件を購入しています。これらの物件は、一定時期のみの利用や長期休暇用として利用されることが多く、パタヤの美しい海岸線やリゾート地としての環境を最大限に活用しています。

パタヤの物件の人気エリア

パタヤの不動産エリアの選択

パタヤは多様な地区があり、それぞれのエリアが異なる特徴を持ち、様々なニーズに応えています。以下に、パタヤの不動産購入で特に人気のある地区をご紹介します。

セントラルパタヤ

  • パタヤの中心部であり、活気ある都市生活と便利さが魅力です。
  • 多くのショッピングセンター、レストラン、エンターテインメント施設があります。
  • 不動産価格は海に近い程比較的高めですが、観光客も多く投資にも適した地域で、高い賃貸需要が見込まれます。

ジョムティエンビーチ

  • パタヤの南部に位置するリゾートエリアで、美しいビーチが特徴です。
  • 静かで落ち着いた環境を求める層に人気があります。
  • ビーチフロントの物件は高い人気を誇り、別荘やレジャー目的の投資にも適しています。
  • 近年ロシア系の移住者も増え、ジョムティエン全体的に発展を遂げており、長期滞在の賃貸需要も見込めるエリア

プラタムナックヒル

  • セントラルパタヤとジョムティエンビーチの間に位置する高級住宅地区です。
  • 豪華なコンドミニアムやヴィラが多く、海の眺望を楽しむことができます。
  • 静寂とプライバシーを求める富裕層に人気があり、長期的な資産価値の上昇が期待できます。

ナクルアとウォンアマット

  • パタヤの北部に位置し、落ち着いた雰囲気の住宅エリアです。
  • ファミリー向けの物件が多く、日常の利便性とリラックスした環境を提供します。
  • ウォンアマットは特に閑静なエリアで富裕層に人気があります
  • ナクルアの方は比較的手頃な価格帯の物件が見つかることがあり、居住目的の購入にも適しています。

今後のパタヤ不動産市場の展望とまとめ

パタヤの不動産市場は、今後数年間で大きな変化と成長が予想されています。この地域は、東部経済回廊(EEC)計画による経済発展の中心地となっており、これが不動産市場にも大きな影響を与えています。EEC計画は、インフラの拡充、経済の活性化、そして外国人投資の促進を目指しており、これによりパタヤの不動産市場は新たな機会を迎えることになります。

インフラの拡充により、パタヤのアクセス性は格段に向上しています。新しい交通網の整備や空港の拡張は、観光客や投資家の流入を促し、商業施設やサービス業の拡大は、地域経済を刺激し、不動産需要の増加をもたらしています。

外国人投資家に対する規制緩和の動きも、パタヤの不動産市場に好影響を与えています。政府は外国人による不動産購入を容易にするための政策を進めており、これにより外国人の購入意欲が高まると予想されます。特にコンドミニアム市場では、外国人の所有割合が高まり、市場の国際化が進むことが予想されます。

パタヤの不動産購入サポート

ISJでは、各エリアに強い複数の提携エージェントが取り扱う多くの物件選択肢の中から、パタヤでの最適な物件探しをサポートしています。市場の動向をリアルタイムで把握し、価格交渉から契約条件の設定まで、一連のプロセスをお任せ頂く事でお客様の時間を最大限にセーブし、スムーズな不動産取引を提供しています。また、不動産取引における複雑な手続きや、登記における物件の事前確認を行い、法的要件をクリアにする事で不動産購入プロセスを安心かつ効率的に進めています。

この記事は役に立ちましたか?
はいいいえ
関連記事

Compare Listings

Title Price Status Type Area Purpose Bedrooms Bathrooms