タイ移住情報と入国サポート|ビザ・保険の申請代行

プライバシーポリシー

プーケットで100人以上の外国人がビザ代行業者にだまされる

タイビザ 詐欺

プーケットに住む100人以上の外国人が、ビザ代行業者から数千バーツを騙し取られ、非営利団体と集団訴訟の弁護士の助けを求めた。

被害者の外国人旅行者によるとアジア・タイタン・グループATGとプーケット・サイアム・コーポレーション・サービスという業者の2つが挙げられ、いずれもビザ延長のために現金を先に渡すよう言われたという。旅行者は後に、その業者がお金を持ち逃げしたこと、そして彼らのステータスがオーバーステイであることを知った。

The Help Crime Victim Clubのページで、プーケットの外国人に延長ビザのサービスを提供していたことが明らかになった。彼らはその外国人のパスポートを預かり、事前に料金を徴収していた。同ページによると、3ヶ月間待った後パスポートの返却を求めたところ、代理店がビザの手続きを行っていないことが判明した外国人もいたという。さらに、旅行者の中には、代理店のスタッフが逃亡したため、パスポートを返してもらえなかった人もいたという。

The Help Crime Victim Clubの報告によると、このグループの外国人全員のステータスがオーバーステイであったことが判明した。90日以内のオーバーステイは幸運で、自分でビザの延長手続きをすることもできた。しかし、90日以上滞在している外国人もおり彼らは、警察に通報するのが怖いと認めている。

被害者たちは昨日会合を開き、不正ビザ業者に対する集団訴訟を開始した。会議の中で、彼らは自分たちを代表する弁護士を指名し、そこで、詐欺に遭っている外国人は自分たちだけではないことを発見した。他の被害者たちも、タイ各地からビザ詐欺について似たような話を報告していた。

プーケット警察署のサラウット・チョープラジット警視正は、昨日メディアに、この事件を捜査中であることを伝えました。また、この事件には複数のビザ代理店が関わっており、もし代理店が意図的に外国人からお金をだまし取ったことが証明されれば、それらの代理店は詐欺罪の容疑で起訴されるだろうと付け加えた。

サラウット氏は、外国人は自分でビザの延長手続きを行い、滞在期間が90日未満の人は入国管理局に行くよう主張した。

プーケット入国管理局のタネス・スックチャイ(Thanes Sookchai)局長は、被害者に自分の状況を役人に報告するよう促した。タネス氏は、オーバーステイ者は逮捕されないと主張した。職員は、彼らの問題に応じて1人ずつ対処することになる。

この記事は役に立ちましたか?
はいいいえ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

その他の関連記事