タイ移住情報と入国サポート|ビザ・保険の申請代行

プライバシーポリシー

TEST&GO5日目のPCRテストをATKテストに緩和する動き

現在、滞在5日目に2回目のRT-PCT検査が必要なだけでなく、旅行者は結果が出るまで安全衛生管理局が認可したホテルに1泊する必要があります。このタイの入国審査制度「Test & Go」の5日目の要件がある事で、一部の潜在旅行者をタイ渡航から遠ざけている状態が続いています 【2022年2月】

公衆衛生省からRT-PCR検査の廃止を要請

渡航手続きの簡素化を望むアヌティン・チャーンビラクン公衆衛生相は、海外からの到着者の2回目のRT-PCRテストの必要性をなくすことを検討するよう疾病管理局に要請しました。観光スポーツ省も、2回目のRT-PCRテストを廃止し、数分で結果が出る迅速抗原テストに変更する提案をする予定です。この提案は、Covid-19状況管理センターによる承認が必要となり次回の会議は2月23日に行われます

アヌティンは、2回目の検査の必要性をなくすには、ワクチンの接種を早めるなど、予防措置を強化する必要があると述べています。病院のベッドと医療品は慎重に管理されなければならず、省は自宅隔離に力を入れているという。こうすることで、重症例に対応できる十分なベッド数を確保することができる。DDCの局長によると、新しい感染者が増えているにもかかわらず、重症者の数は実際には減少しているとの事

観光業界からも入国制限解除を強く求める

現在、観光業者はすべての入国制限を解除するよう求めている。水曜日、観光業者を代表する複数のグループが、3月に制限を解除するよう求める書簡をプラユット首相に提出しました。書簡では、デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、英国など、ほぼすべての新型コロナ規制が解除され、ウイルスの流行が宣言されている国々を例に ”タイは今すぐ観光客に対する新型コロナ関連の制限をさらに緩和する必要があり、そうでなければ他国との競争力を失いかねません”と指摘しています。

この記事は役に立ちましたか?
はいいいえ

「TEST&GO5日目のPCRテストをATKテストに緩和する動き」への1件のフィードバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

その他の関連記事
タイ入国情報
タイ入国の流れ