タイ移住情報と入国サポート|ビザ・保険の申請代行

プライバシーポリシー

【NON-O】リタイアメントビザ:日本取得とタイ切り替えの徹底比較

リタイアメントビザ比較

ここでは、NON-Oリタイアメントビザ取得において、日本で3カ月取得してタイへ入国(ビザ延長)するパターンと、先にタイへ入国し(又は既に滞在中で)全てのプロセスをタイ国内で完結(ビザの切り替え)をする際の両パターンを徹底比較いたします。

NON-O リタイアメントビザを取得する方法は2通り

NON-Oリタイアメントビザの取得は⑴日本などタイ国外で3カ月を取得してタイへ入国し、タイ国内で延長するパターン⑵タイ国内で今お持ちのビザからNON-Oに切り替え、タイ国内で延長するパターンと2通りあります。

Non-O リタイアメントの必要書類の比較

(A)日本で取得する場合は、日本のタイ大使館での申請になり、必要書類はタイ大使館が記載している書類を揃える必要があります。(B)タイで切り替えの場合は、タイのイミグレーションが提示する必要書類に従う必要があります。※細かい部分では担当者の裁量で微妙に異なる部分もありますが、ここでは政府が発表している内容のみに焦点をあてて見てみます。
全く同じビザでもタイ国内申請とタイ国外申請で必要書類が大きく異なります

(A) 日本で申請の場合(大使館申請書類)

(B) タイで切り替え(イミグレーション)

タイ国内で切り替える Non-Oリタイヤメントビザ

結論的には、タイへ入国された直後にリタイアメントビザへ切り替える方法が最も現実的でスムーズなプロセスになります。タイでNON-Oリタイアメント取得(切り替え)は、現在日本に滞在していても、ビザ免除(30日)での入国から申請が可能です。

BビザやOビザ等で既にタイで滞在されている場合も、同様に切り替えが可能です。今お持ちのビザの有効期限が切れる前(20日前あたりが理想的です)に申請を行う事で、現在のビザの期限が切れると同時にリタイアメントビザへの切り替えが完了します。

この記事は役に立ちましたか?
はいいいえ

「【NON-O】リタイアメントビザ:日本取得とタイ切り替えの徹底比較」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: リタイアメントビザ必要書類のまとめ | ロングステイ・タイランド

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

その他の関連記事