タイ移住情報と入国サポート|ビザ・保険の申請代行

プライバシーポリシー

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest

日本入国情報

弊社では日本入国に関しては直接のサポートは行っていませんが、このページではタイから日本に入国する方を対象に、検疫措置等の一連の流れをまとめていますのでご参考までにご覧ください。※最新情報は日本大使館や厚生労働省のサイトをご確認下さい

※2022年6月1日アップデート

ファストトラック (FAST TRACK)

日本へ入国する方々に対して空港検疫で実施している手続の一部をWEBで行う「ファストトラック」

入国者健康居所確認アプリ(MySOS)を通じて、検疫手続きを簡素化できるシステムです

成田国際空港、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港、福岡空港での利用が可能です

タイから日本入国 隔離条件・検疫措置
タイから日本入国
日本入国 隔離条件

6月1日からのアップデート:タイはリスク評価「青色」に分類されており、ワクチン接種回数に関わらず、入国時の検査、又検疫措置や自宅待機は求められません。

各国からの検疫措置を一括表示

厚生労働省のこのページから、出発国を入力するとそれぞれの隔離条件(検疫措置)と必要書類が一目でわかります。※タイ以外の出発国の方もこちらからご確認下さい

1. PCR検査証明書(陰性証明書)| 日本入国

日本入国|新型コロナ検査証明書

2022年6月からも日本へ入国するためには、タイで出発前72時間以内にPCR検査を行い、医療機関等から発行された陰性証明書(日本政府指定のフォーマット)の提示が必要です ※有効な検査証明書が提出できない場合は、日本への上陸が認められません

2. ワクチン接種証明書|日本入国

日本入国|ワクチン接種証明書

有効なワクチン接種証明書をお持ちの場合は入国時の検疫にて、提示する必要があります。※ワクチン接種証明書が無い場合でも日本への入国は可能ですが、検疫所の宿泊施設での隔離条件が異なります

3. 検疫措置に関する誓約書|日本入国

7日間の公共交通機関の不使用、自宅等での待機、等について同意した誓約書を提出

タイからの入国は自宅待機、検疫施設での宿泊は不要になりましたので誓約書の記入は不要

4. スマートフォン必要アプリの登録|日本入国

誓約書の誓約事項を実施するため、位置情報を提示するために必要なアプリ等を利用できるスマートフォンの所持が必要です。スマートフォンの所持を確認できない方は、入国前に、空港内でスマートフォンをレンタルする必要があります

5. 質問表の提出|日本入国

入国後7日間の健康フォローアップのため、検疫時にメールアドレス、電話番号等の連絡先を確認するための質問表を提示します。厚生労働省の質問表WEBより簡単に記入できます(QRコード取得)

ファストトラックをご利用の方は、質問票、誓約書の記入、検査証明書やワクチン接種証明書(任意)の登録を入国前にWEB上で入力できます。

6.入国時の注意点とお問い合わせ先|日本入国

海外から入国される方へ注意事項|厚生労働省

入国に当たっては、出国前72時間以内の検査後もマスクを着用する、手指消毒を徹底する、不特定多数との接触を避ける、3密(密閉・密集・密接)を避ける、といった感染防止策を徹底してください。

現在、日本の各空港では、入国者の増加により、到着した時間帯によっては到着空港において検疫等の手続に時間を要しています。特に中でも成田空港は夕方に到着する便が集中しており、さらに週末など搭乗者数が多い日は通常以上に時間がかかることから、検疫等の手続が公共交通機関の運行時間内に終了しないこともあります。

フライト到着後の検疫手続の遅延等により、あらかじめ手配していた公共交通機関を利用出来なかった場合に発生する諸費用については入国者ご本人の負担となります。

検疫業務へのご理解をお願いするとともに、自宅等に移動するための公共交通機関(乗継ぎ便など)の予約は、フライト到着時刻の5時間後以降を目安に行っていただくことや、夕方以降に到着される方については空港近隣で一泊するなど、余裕を持った計画を心がけていただくようお願いします。

日本入国に関してのお問い合わせ先|厚生労働省

受付時間:年中無休 / 午前9時から午後9時

入国情報
日本入国の必要書類
日本入国|関連記事