タイ移住情報と入国サポート|ビザ・保険の申請代行

プライバシーポリシー

タイランドパス大幅改正|到着時PCR検査+SHAホテル撤廃

タイランドパス大幅改正

到着時のPCR検査、SHAホテルの撤廃、ATK検査は「任意」

タイのCCSAは、タイパスの一部であるテスト&ゴー・プログラムの大幅な変更を発表したところです。海外からの旅行者は、到着時にPCRテストを受ける必要がなくなりました。また、Test & Goの一環としてSHA+ホテルを予約する必要がありましたが、本日のCCSAの決定により不要になりました。4月1日には、タイ入国前のPCR検査も廃止されたばかり。これで、ワクチン接種者は入国前も入国後もPCR検査の必要は完全になくなる事に。 ワクチン接種済みの旅行者に対するPCR検査の廃止は、本日の大きな変更点ですが、CCSAはこれまで通り5日目のATKテストを推奨し、旅行者がタイ滞在中に健康状態を把握することを期待しています。また、保険加入の要件も20,000米ドルから10,000米ドルに引き下げられます。 ワクチンを接種していない旅行者は、到着時と5日目にホテルを予約し、PCRテストを受ける必要があります。しかし、到着前72時間以内にPCR検査で陰性であれば、検疫期間が免除されるとの発表もあった。  
残念な点は、タイ人であれ外国人であれ、タイへの入国希望者は引き続き全てタイランド・パスを登録しなければならないことに変わりはないということです。これまで通り予防接種証明書や英文保険証などの書類は、タイに到着する前にアップロードして承認される必要があります。
この記事は役に立ちましたか?
はいいいえ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

その他の関連記事
タイ入国情報
タイ入国の流れ