タイ移住情報と入国サポート|ビザ・保険の申請代行

プライバシーポリシー

新型コロナワクチンで重いアレルギー反応が出た場合

ワクチン接種 重度アレルギー反応

新型コロナワクチン接種時の重度のアレルギー反応は、以下のような症状を引き起こす可能性があります。

  • 呼吸困難や喘ぎ声。
  • 血圧の低下
  • 舌やのどの腫れ
  • 全身の発疹やじんましん(粘膜を含むこともある)

ワクチン接種で重度のアレルギー反応を起こした場合

ファイザー・バイオンテックとモデルナのCOVID-19ワクチンはメッセンジャーRNAワクチンで、mRNAワクチンとも呼ばれています。ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J/Janssen)社のCOVID-19ワクチンは、ウイルスベクターワクチンです。特定の種類のCOVID-19ワクチン(mRNAまたはウイルスベクター)を接種した後に重度のアレルギー反応を起こした場合、その種類のワクチンを再度接種するべきではありません。

CDCは、ブースター接種を受ける人にmRNA COVID-19ワクチン(ファイザー・バイオンテックまたはモデナ)を接種することを推奨しています。ただし、mRNA COVID-19ワクチンの接種後に重度のアレルギー反応を示した場合、またはmRNA COVID-19ワクチンの成分に対して重度のアレルギー反応を示した場合は、J&J/Janssen COVID-19ワクチンの接種が可能な場合があります。

他のワクチンや注射薬ですぐにアレルギー反応が出た場合

COVID-19ワクチン以外のワクチンや注射療法で即時型アレルギー反応(4時間以内に始まった反応)を起こしたことがある場合でも、COVID-19ワクチンの接種が可能な場合があります。ただし、担当医からアレルギー・免疫学の専門医を紹介され、追加の治療や助言を受けることができます。

COVID-19を接種した腕に発疹が出た場合

新型コロナウイルスのワクチン接種をした箇所に、赤い発疹、かゆみ、腫れ、痛みがあった場合でも、推奨される間隔で再度注射を受けてください。これは、2回目、追加、またはブースター注射に適用されます。これらの発疹は、注射後数日から1週間以上経ってから出ることがあり、時にはかなり大きくなることもあります。これらの発疹は、”COVIDアーム “とも呼ばれます。予防接種を受けた後、発疹や “COVID arm “を経験したことを予防接種担当者に伝えてください。予防接種担当者は、可能であれば次回の新型コロナワクチンを反対の腕に接種するよう勧められるかもしれません。

発疹がかゆい場合は、抗ヒスタミン剤を服用することができます。痛みがある場合は、アセトアミノフェンや非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)などの鎮痛剤を服用することができます。

アレルギー反応への安全対策

新型コロナワクチンを接種される方は、接種後15分以上、その場で監視する必要があります。
以下の場合は、30分間様子を見る必要があります。
■何らかの原因でアナフィラキシーと呼ばれる重篤なアレルギー反応を起こしたことがある方
■COVID-19以外のワクチンまたは注射療法に対して、即時型(4時間以内)のアレルギー反応を起こしたことがある場合。
■ある種のワクチン(例えば、mRNAワクチン)に対して重度のアレルギー反応を示し、現在、別の種類の新型コロナワクチン(例えば、ウイルスベクター)の投与を受けている方。

この予防接種は、保健所、医療施設、または医師の診療所でのみ行う必要があります。
以前にその種類の新型コロナワクチンを接種して、重度ではない即時型(4時間以内)のアレルギー反応を起こしたことがある方。このワクチン接種は、保健所、医療施設、または医師のいる事務所でのみ行われるべきです。
接種者は、エピネフリン、抗ヒスタミン剤、血圧計、脈拍を確認するためのタイミング装置など、適切な人員、薬剤、機器をすべての新型コロナワクチン接種実施施設に配置する必要があります。
ワクチンの接種後、重いアレルギー反応が出た場合、接種者は迅速に対応し、救急医療サービスを要請することができます。少なくとも数時間は医療機関で経過を観察する必要があります。

参考文献:米国疾病対策予防センター(CDC)

この記事は役に立ちましたか?
はいいいえ

「新型コロナワクチンで重いアレルギー反応が出た場合」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ワクチン接種の副作用 | ロングステイ・タイランド

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

その他の関連記事
タイ入国情報
タイ入国の流れ