タイ移住情報と入国サポート|ビザ・保険の申請代行

プライバシーポリシー

【AirAisa】マレーシア-タイ便を再開:4月と5月に3路線開設へ

airasia フライト
エアアジアは、マレーシアからタイへの国際線を再開し、4月と5月に3つの新路線を開設予定

4月13日にペナン-バンコク、クアラルンプール-ハットヤイ、5月3日にジョホールバル-バンコクの3路線を開設すると、火曜日に同社ウェブサイト上で発表した。

また、新しいVTLスキームでタイへの旅行の選択肢を増やすため、エアアジアは4月12日からバンコクへのフライトを増便する予定です。これは、エアアジア・マレーシアが運航する既存のクアラルンプール-バンコク線およびクアラルンプール-プーケット線(AKフライトコード)に追加される予定。

両国間の検疫制限の解除に伴い、キャンペーン運賃を片道169リンギット(1,345バーツ)よりご利用いただけます。予約は3月15日から30日の間にエアアジア スーパーアプリで、2020年3月21日から2023年3月25日までの旅行が対象で、フライトの変更が無制限という特典がある。ただし、2022年6月30日までの新たな旅行日については、2022年6月15日までに無制限のフライト変更依頼を処理する必要がある。また、変更手数料は免除されるが、それでも運賃の差額を支払わなければならない場合も。

エアアジア・タイの最高経営責任者であるサンティスク・クロンチャイヤ氏によると、エアアジアの国際線再開は大いに期待されている…。

“タイが再開され、渡航制限が解除されたことで、エアアジアは2022年4月から、国際線サービスの再導入を進めていくことになりました。この点、マレーシアとタイは観光や経済の面でポテンシャルのある国であり、私たちの運航再開は両国の経済回復にチャンスとサポートをもたらすと信じています」と述べた。

「タイの再開方針と同じ国への路線を再開することで、お客様が検疫を気にすることなく旅行できるようにしました。この路線はASEANと南アジアをカバーしており、タイ国政府観光庁や関連機関と緊密に連携し、スクリーニングや公衆衛生対策を最大限に維持しながら、タイへの旅行者を誘致しています」と述べている。外国人旅行者がエアアジアの国内線ネットワークを通じて乗り継ぐことができるため、両国の全地域に収益を分散させることに貢献することになります。タイはマレーシア人にとって最も人気のある旅行先の一つでしょう。”

エアアジアによると、タイからエアアジア便で各国へ向かう乗客は、各国の渡航条件に合わせて検疫を受けずに旅行することができ、タイに到着した乗客は、事前にタイパスシステムで電子入国証明書を登録すれば、テスト&ゴー方式で「検疫をバイパス」することができるようになるという。

この記事は役に立ちましたか?
はいいいえ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

その他の関連記事
タイ入国情報
タイ入国の流れ